今週の人気記事

    SONY

    1: 名無しさん 2018/03/12(月) 16:32:30.41 ID:CAP_USER
    no title


    どんなシーンでも、レンズ交換必要なし。

    ソニーの「RX10M4」、24-600mmという高倍率ズームと高速連写がすごいことになってました。
    no title


    正直なところ「コンデジではないレンズ一体型カメラってどうなの?」と思っていましたが、触ってみて納得。これ一台あれば、なんでも撮れるんです。

    24mm~600mmなんて、レンズ交換式だったら一体何本レンズが必要なのか。そして何十万、何百万円とかかることか。
    no title

    ちなみに電源を入れると自動的にレンズがせり出します。この状態で24mm。

    ちょっと不恰好なのが気になりますが、ルックスを気にして使うカメラではないと思います。
    no title


    絞りはレンズ部で調節可能。

    そしてこのRX10M4を「なんでも撮れるカメラ」にしているのが、高速AFと連写性能の組み合わせ。なんと、最高約24コマ/秒。映画が24コマ/秒で作られていることを思えば、もはや動画です。

    高倍率ズームとAF/連写性能により「もうこれ一台で良くない?」という感じのRX10M4。

    思わず手に取りたくなるカメラかと言われたらいまいちですが、撮ることを最優先に作られたような潔さも感じます。

    「プロがサブ機としてカメラバッグに入れておけば安心間違いなし」そんな一台ではないでしょうか。
    https://www.gizmodo.jp/2018/03/sony-rx10m4-cpplus.html
    【【カメラ】レンズ沼を終わらせる一台? ソニー「RX10M4」が全方位にすごい 】の続きを読む

    a73

    1: 名無しさん 2018/02/27(火) 14:04:35.98 ID:CAP_USER
    ソニーは27日、ミラーレス一眼カメラの新製品「α73」を3月23日に発売すると発表した。被写体を選ばず、幅広い撮影に向き、「ベーシック」と呼ぶ普及機に位置づける。プロや愛好家向けの中上位機種でシェアを高めるソニー。一眼レフに強いキヤノンもミラーレスに注力するなか、新商品投入で地歩を固める。

    「革新的でなく付加価値に欠けるという『ベーシック』の概念を打ち破る商品だ」。27日、都内で開いた説明会で、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの長田康行シニアゼネラルマネジャーはα73を手にしながら断言した。

     新開発のフルサイズ裏面照射型CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーを採用し、2420万画素の高画質や、最大ISO感度20万4800の高感度性能を実現した。薄暗い場所でもノイズの少ない高感度の撮影ができる。画像処理システムも刷新している。

     被写体が動く状態でも瞳を検出・追従してオートフォーカスする機能も搭載した。オートフォーカスした状態で、シャッター音を出さずに1秒間に10コマの高速連写も可能としている。価格はオープンだが、市場想定はボディで23万円前後で、レンズキットで25万円前後としている。

     ミラーレス市場は拡大が続いている。17年のレンズ交換式カメラ市場では一眼レフが10.1%減少だった一方、ミラーレスは29.2%増と大きく伸ばした。スマートフォン(スマホ)などにも広く使われるイメージセンサーの開発・生産部隊とともに手がける強みを生かし、ソニーの存在感は増している。

     フルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ「α7」を投入したのが、2013年。17年にプロに高く評価される「α9」、高解像度とスピードの両立を実現した「α7R3」を投入するなど、「業界をけん引してきた」(長田氏)という自負がある。当初は周囲から疑問視されることもあった戦略の確かさに、自信を深めている。

     成長市場を巡る争いは激化している。キヤノンは一眼レフで広く浸透する初級モデル「EOS Kiss」シリーズで初めてのミラーレス型を発売した。富士フイルムはハイエンド機種「Xシリーズ」で、本体の剛性も高めて過酷な環境でも使える最上位モデルを3月1日に販売を始める。低価格から上位機種まで、ミラーレス市場に向けられる視線は熱い。

     「フルサイズに限れば、α73より下のモデルをつくる理由はない」。長田氏は新商品をフルサイズミラーレスの基準とする考えを示した。どんな相手でも上位機種では譲らない。そんな気概が表れていた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27435790X20C18A2X20000/
    【【カメラ】ソニー、新型ミラーレス普及機 地歩固め 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [IN] 2017/10/29(日) 21:22:56.07 ID:5Eap6uNm0 
    ミラーレスデジカメとしては世界で初めてフルサイズセンサーを搭載したソニー「α7」「α7R」が発売されたのは2013年11月。中でも上位モデルである「α7R」は、
    ミラーレスらしいコンパクトなボディにも関わらず、3640万画素のローパスレスフルサイズセンサーによる高い解像度を実現して、大きなインパクトを残しました。
    それから4年目となる今年、いよいよ3代目が登場します。11月25日発売予定の「α7R Ⅲ」は、初代から大きく進化を遂げた「α7R Ⅱ」をさらにブラッシュアップ。
    高解像と高速連写機能を両立した、期待通りの超高性能カメラになっています。

    有効画素数約4240万という35mmフルサイズセンサーと、高速処理を実現する画像処理エンジンBIONZ Xを搭載した「α7R Ⅲ」。
    信号処理システムを一新したことにより、広い感度域での高解像と低ノイズを実現し、さらに光学式5軸ボディ内手ぶれ補正も備えています。

    さらに画像処理システムの刷新と新開発シャッターにより、約4240万画素という高解像にもかかわらず最高約10コマ/秒という高速連写を可能にしています。
    この高い連写性能はライブビュー撮影でも同様で、なんと最高約8コマ/秒です。ちなみに高速性能が売りである「α9」で、
    メカシャッターが最高約5コマ/秒(電子シャッターで最高約20コマ/秒)なのですが、この「α7R Ⅲ」はその倍となる最高約10コマ/秒まで到達。高解像度と高速連写を両立させているのです。

    他にも、低照度時のAF速度や動体追随性能が前モデルと比べて最大約2倍に向上し、コントラストAF枠をこれまでの25点から425点と大幅に多分割化し、精度も大幅に向上しています。
    また人物の瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能も、検出精度や速度が高められ、追随性能が約2倍に。動く人部にの瞳も素早く捉えてピントを合わせてくれます。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13815694/
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1509279776/

    【【ν速写真部】最強ミラーレス一眼「α7R Ⅲ」、いよいよ発売 ソニー 】の続きを読む

    1: pkpk117 2015/12/19(土)18:08:11 ID:EbD
    no title

    ●行って来たのは11月下旬の3連休
    ●ぼっち旅
    ●奥京都と言う地域名は実際には無い。
    ●うpするのに時間がかかります

    2: pkpk117 2015/12/19(土)18:10:48 ID:EbD
    no title

    ( ̄ω ̄)今日から3連休、天気が曇が多いか・・・

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)18:11:35 ID:663
    紅葉いいな

    引用元: ・奥京都・芦生の森に行って来たのでうpする

    【奥京都・芦生の森に行って来たのでうpする【128枚】】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 17:55:01.99 ID:CAP_USER
    東京ウォーカー(全国版) 2017年7月27日 13時41分 配信

    640383_615

    ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S II」は、国際宇宙ステーション(ISS)の船外で4K映像の撮影に民生用カメラとして世界で初めて成功。7月27日(木)、その映像を公開した。

    映像は、雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでを鮮明に捉えた宇宙からの日本列島の昼と夜の姿。「α7S II」は、ISSの「きぼう」日本実験棟に設置された、新たな船外プラットフォーム用カメラシステムの内蔵カメラとして使われている。
    JAXAによって行われたさまざまなカメラの検証試験の結果、高真空・宇宙放射線・急激な温度変化など、宇宙ならではの過酷な環境に耐えうる耐久性と信頼性を保持することが確認され、採用に至っている。
    ISSの「α7S II」は、現在も約90分ごとに地球を1周しながら、約400キロの上空で4K映像や静止画の撮影を行っている。

    ISSの船外で撮影された4K 映像は、αユニバース公式サイトでも公開されている。市販されているカメラが写した宇宙の姿は必見だ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

    https://news.walkerplus.com/article/116197/
    © KADOKAWA CORPORATION 2017

    引用元: http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1501145701/

    【【宇宙】 宇宙ステーションからソニーの一眼カメラが撮った映像が公開[07/27]】の続きを読む

    K0000944172

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/03(水) 18:25:30.842 ID:sEoXXDCip
    α6000のレンズキット(20000円キャッシュバック)
    もしくは
    EOS M6本体と11-22mmレンズ買うか
    悩んでるんだがどっちがオススメ?
    α6000のが安いんだがM6の方が操作性とデザインが好み

    用途は風景とかブログ用のガジェット撮影

    引用元: ・ミラーレス一眼買おうと思うんだが

    【ミラーレス一眼買おうと思うんだが】の続きを読む

    1: 男色ドライバー(catv?)@\(^o^)/[TH] 2017/04/20(木) 16:53:51.76 ID:owTdLA850 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    ソニーは4月19日、Eマウントのミラーレスカメラ「α9」(ILCE-9)を米国で5月に4,500ドルで、ヨーロッパで6月に4,500ポンド、5,300ユーロで発売すると海外発表した。日本での発売に関する情報はまだない。

    世界初となる35mmフルサイズの積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を採用。有効画素数は約2,420万。
    感度はISO100?51200(拡張でISO50?204800相当)。14bit RAWで記録できる。
    動画機能は4K記録や120fpsのフルHD記録が可能。

    センサーシフト式の5軸手ブレ補正も引き続き搭載する。最大効果はシャッタースピード5段分。

    メモリー一体型の積層型CMOSは、α7 IIに搭載された表面照射型CMOSに比べ最大20倍の読み出しスピードとしている。

    AE/AF追従で秒20コマの連写が可能。撮影コマ間のブラックアウトもないという。UHS-IIカード使用時は、RAWで連続241枚まで撮影可能。

    画面内の93%をカバーする、693点の像面位相差AFに対応。AE/AF追従の演算は1秒間に60回。コントラストAFと組み合わせた「ファストハイブリッドAF」は、α7R IIより25%速くなったという。


    シャッター速度は最高1/8,000秒。シンクロ速度は1/250秒。

    高速読み出しでローリングシャッター歪みを抑えつつ、最高1/32,000秒の無音撮影を実現した「アンチディストーションシャッター」に対応。
    1型積層型CMOSセンサー搭載のRXシリーズに先行搭載されていた機能で、シャッターユニットの動作による音と振動を完全に排除できる。

    EVFは約369万ドットの有機EL。ソニーの内蔵EVFで過去最高の解像度という。輝度は最大でα7R IIの2倍。フレームレートは60fpsか120fpsを選べる。
    接眼光学系も両面非球面レンズなどを用いた0.78倍とした。ツァイスT*コーティングも施されている。

    ソニー、積層型フルサイズCMOS搭載の「α9」を海外発表
    ブラックアウトのない秒20コマ連写 大容量バッテリー採用
    http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1055915.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492674831/

    【ソニー、世界最強のミラーレス「α9」を発表!20連写/秒、120fpsフルHD動画、693点AF、フル積層型CMOS】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      SONY : 画像あり。(´・ω・`) : 1/12

      このページのトップヘ