1: 名無しさん 2018/10/24(水)21:45:44 ID:qay
綺麗な朝日見にいきたいなぁ
no title

2: 名無しさん 2018/10/24(水)21:46:35 ID:Esm
暗いから気をつけるんやで

3: 名無しさん 2018/10/24(水)21:47:06 ID:qay
>>2
さんがつ
思ったよりも寒いな

5: 名無しさん 2018/10/24(水)21:50:14 ID:JkY
何やま?

8: 名無しさん 2018/10/24(水)21:51:13 ID:qay
>>5
登山口に厳かな神社があるところや
no title

15: 名無しさん 2018/10/24(水)21:55:46 ID:JkY
>>8
稲荷山しか思い付かん…

46: 名無しさん 2018/10/24(水)22:16:48 ID:ls1
>>8
これ筑波山神社……だよね?
筑波山(つくばさん)
茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている。

筑波山は、ガマの油売りの口上などでも知られる。山中には巨石、奇石、名石が数多く散在し、それぞれに名前がつけられ、多くの伝説を生み、それらに対する信仰が今日でも受け継がれ、山そのものが「神域」として崇められている(県指定遺跡)。開山以来、「結界」が張られており、荒れた時代もあったが、現在でも「霊山」であり山の万物が「神体」とされている。

登山道は通称で正確には歩道であり参拝のための参道である。許可された一般の参道(以下、指定登山道)は全部で7つあるが、標高が低い割に危険な箇所もある。自然研究路の東屋に集まる登山マニアや悪質なブロガーが無許可で切り開いた違法な「ルート」が130ほどありテープ巻き、ペイント、伐採等が行われ、「ここから先は登山道ではありません」「これより入山禁止」と警告する立て札などがあるが、盗難されたり岩陰に隠されたりする事件が多発している。

全域が水郷筑波国定公園に指定された保護エリアであり、中腹から山頂付近は特別保護地区(自然公園法)に指定され筑波山神社境内地であり、古くから樹木および木竹以外の植物の損傷・植栽、動植物の捕獲・採取等が禁止され神域として保全されており火器の無許可使用、リード無しのペット散歩等の行為も禁止されている。

0001_R
西側(筑西市)から望む筑波山

wikipedia.org

【【茨城】いまから筑波山登るで】の続きを読む