今週の人気記事

    火山

    1: 名無しさん 2018/05/18(金) 07:44:19.28 ID:tSRhx3X+0 
    【5月18日 AFP】米ハワイ州ハワイ( Hawaii)島のキラウエア( Kilauea)火山山頂で17日早朝、爆発的噴火が起き、火山灰が上空約9キロメートルまで立ち上った。
    当局は周辺住民に避難を呼び掛けている。
    ハワイ火山観測所(HVO)は、キラウエア火山の噴火口の一つで爆発的噴火があったと発表。噴煙は約9キロメートルに達し、北東に流れているとした。
    さらにHVOは「火山活動の爆発性が再び高まり、火山灰の噴出が強まったり、噴気孔付近での放出物の生成が増加したりする可能性が常にある」と説明した。
    専門家らは今回の火山活動について、1925年の爆発的噴火と同程度の、大規模な噴火の前兆かもしれないと指摘している。
    キラウエア火山は3日に噴火し、15日にも大量の火山灰を高く吹き上げていた。周辺では3日以降、約2000人の住民が避難を強いられたほか、住宅約40軒を含む建物が溶岩で破壊された。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3175040
    no title

    no title

    no title

    no title
    ★関連:【画像】ハワイ、キラウェアで巨大な噴煙。警報発令で逃げ惑う人々
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23980951.html
    【キラウエア山頂で爆発的噴火。更に大規模な噴火の前兆の恐れ 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/05/16(水) 22:36:13.62 ID:Wcas5XZq0 
    【5月15日 AFP】米ハワイ州ハワイ(Hawaii)島のキラウエア(Kilauea)火山で15日、火山灰による巨大な噴煙が立ち上り、当局は大規模な噴火の可能性および大気汚染に関する警報を発令した。
    当局によると、噴煙は高度3000~3600メートルに達し、航空機に対して最も高いレベルの警報が発令された。
    また噴煙が流れる方向の住民に対しては、呼吸器系の問題が起き得るとして、噴煙にさらされるのを避け、運転の際には注意するよう呼び掛けている。
    当局によれば、住宅地のラニプナ・ガーデンズ(Lanipuna Gardens)付近では地面の亀裂から危険な火山性ガスが発生しており、すでに避難している住民らに対して近づかないよう呼び掛けている。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3174822
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    【【画像】ハワイ、キラウェアで巨大な噴煙。警報発令で逃げ惑う人々 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/05/14(月) 15:25:19.30 ID:CAP_USER9
    霧島連山の新燃岳が14日午後2時44分に噴火しました。
    噴煙は火口から3300メートルの高さまで上がり、やや多量の噴煙が南東方向に流れました。噴火に伴う噴石は観測されていません。

    新燃岳では現在、噴火警戒レベル3の入山規制が続いています。
    新燃岳の噴火は先月6日以来で、気象台は噴火警戒レベル3の火山活動の範囲内としています。

    気象台は火口からおおむね3キロの範囲で、弾道を描いて飛ぶ大きな噴石に、おおむね2キロの範囲で火砕流に警戒を呼びかけています。

    5/14(月) 15:15
    MBC南日本放送
    0001_R
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00029495-mbcnewsv-l46
    ★関連:【ヴォルケーノライトニング】爆発的噴火で火砕流発生、噴煙に「火山雷」確認 新燃岳
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23276254.html
    【【鹿児島/宮崎】霧島連山 新燃岳が噴火 [5月14日2時44分] 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/28(土) 12:14:30.45 ID:CAP_USER9
    コイやナマズなど数百匹に上る魚の死骸…硫黄山噴火、長江川で強い酸性 宮崎県、取水自粛呼び掛け
    4/28(土) 9:40配信

     宮崎県えびの市の霧島連山・えびの高原(硫黄山)から噴出する硫黄などが原因とみられる周辺河川の白濁化について、県環境管理課は27日、川内川支流の長江川流域での水質検査の結果、硫黄山から約6キロの大原橋付近で環境基準を超える強い酸性を示す数値が出たと発表した。

     検出された水素イオン指数(pH、数値が低いほど酸性)は2・1。県は、周辺の井戸水、湧水に異常を感じたら直ちに飲用を中止するよう住民に呼び掛けた。また、農作物の生育への影響も懸念されることから、JAえびの市などに対し、当面は長江川とその支流からの取水と農業用水の利用を控えるよう通知した。

     えびの市では21日以降、同川流域でコイやナマズなど数百匹に上る魚の死骸を回収している。川内川下流の鹿児島県伊佐市や同県湧水町でも25日以降、コイやフナなどの死骸が大量に見つかった。24日の雨で増水した長江川から流れてきたとみられる。伊佐市の川内川上流漁業協同組合は25日、アユの稚魚150キロを放流したばかり。宮脇和生組合長(74)は「恐らく全滅だ」と肩を落とした。

     宮崎県は、白濁化の連絡を受けた21日と26日に長江川などで採水。川内川への影響については、国土交通省川内川河川事務所が26日に採水して調べており、詳細な結果は5月中旬にまとまる予定。ともに「状況を注視していく」としている。
    20180428-00010004-nishinpc-000-1-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00010004-nishinpc-soci 
    ★関連:【速報】噴火速報[気象庁] 霧島連山えびの高原硫黄山 噴火(18:27)
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23627771.html
    【【宮崎】コイやナマズなど数百匹に上る魚の死骸…霧島連山硫黄山噴火、長江川で強い酸性 宮崎県、取水自粛呼び掛け 】の続きを読む

    73: 名無しさん 2018/04/26(木) 18:34:49.00 ID:CAP_USER9
    霧島連山 硫黄山周辺で噴火 気象庁が噴火速報

    気象庁によりますと、26日午後6時15分ごろ、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の一つで、宮崎県にある硫黄山周辺で「噴火が発生した」ということです。
    気象庁は噴火速報を発表し、詳しい状況を調べています。

    自治体による規制範囲の近くに居る人は身の安全を確保してください。今後の情報に注意してください。

    噴火速報は、一定の期間、噴火が発生していない火山で噴火が発生したり、すでに噴火が発生している火山で、より規模の大きな噴火が発生したりした場合に発表される情報です。今後の火山活動に注意が必要です。

    硫黄山では4月19日に噴火が発生し、気象庁は噴火警戒レベルを3に引き上げ、おおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけていました。
    0002_R
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180426/k10011418751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
    ★関連:【九州】えびの高原・硫黄山、県道横から立ち上る噴気「何年も入れなくなる可能性が…」火山学者が指摘
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23576861.html
    【【速報】噴火速報[気象庁] 霧島連山えびの高原硫黄山 噴火(18:27) 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/22(日) 16:46:15.65 ID:KxyQ2KRI0
    no title

    no title

    no title
     
    麻生太郎の高そうなスーツ一着35万円することが発覚!ネットで話題に

    常にダンディでそしてオシャレに気を使う国会議員「麻生太郎」財務大臣ですが、彼が着用するスーツを着こなすためには一体どれぐらいの
    費用を支払えばよいのでしょうか。当然ながら我々庶民が手に入れれるようなレベルではないことは承知のうえですが、一応相場を知っておきたいわけです。ということで値段が発覚しました。

    ー購入はテーラー森脇

    本日のTBSアッコにおまかせ!で放送された内容によりますと、麻生太郎氏が利用しているスーツは青山に有る「テーラー森脇」というメーカーでオーダーメイドしているのだということです。利用頻度は3ヶ月に1度で、一度に2~3着をオーダーしていくのだということです。つまり3ヶ月に2、3回スーツが変わっているという計算になります。

    また気になるお値段は1着約35万ほどになるということです。3ヶ月に1回70万円ほどの費用をスーツにかけているという驚きの事実。

    そしてさらに、スーツの襟などに鉛が入っており、シルエットラインがピシッときれいに見えるようにする特注品だということです。

    政治家と言うよりも何方かと言えば、ネットでのカリスマ的存在となってしまった麻生太郎氏。また、羽田空港の書店で漫画「ローゼンメイデン」を読み、ネットでも「ローゼン麻生」という愛称でも呼ばれるようになっておりました。

    皮肉にも今回のモリカケ問題、福田事務次官問題で再度注目されてしまった麻生太郎氏ですが、彼の打たれ強さ・煽り耐性の強さには再度評価が高まっております。

    コンビニでアイスを食べるだけでカッコ良すぎる麻生太郎

    現在の修羅場をどう切り抜けるのか注目が集まっております。
    http://www.yukawanet.com/archives/5359735.html
    ★関連:【霧島連山】硫黄山噴火 想定火口の外側で急速に隆起
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23537331.html
    【【悲報】麻生太郎さん、1着35万円もするスーツを着ていたと判明 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/23(月) 16:03:34.59 ID:CAP_USER9
    今月19日に250年ぶりに噴火したえびの高原・硫黄山では、噴火口から離れた西側の県道1号線付近からも新たな噴気が噴出するようになり、
    勢いがますます増加している。

     気象庁によると、えびの高原では宮崎県と鹿児島県霧島市を結ぶ県道1号線脇からも噴気が立ち上るようになった。
    23日現在、噴気の勢いと量はますます増え、南側斜面の複数の火孔から立ち上る噴気と合わせて、高原全体に白いガスが立ち込めるようになってきた。

     21日にヘリコプターで実施した上空からの観測では、県道のすぐ脇に地熱の高まりが見られ、噴気の噴出とともに、熱い泥水が流れ出した痕跡も確認された。

     気象庁が20日に実施した空からの観測では、南側に点在する複数の火孔から噴煙が上がり、周辺では濃い灰色の熱泥が断続的に噴き出し、
    火口内に飛び散っているのが確認された。

     えびの高原は、世界で霧島にのみ自生するバラ科の「ノカイドウ」のほか、天然記念物に指定されているツツジの「ミヤマキリシマ」が見られる盆地状の高原で、
    今月8日には山開きが行われたばかり。本格的な観光シーズンを控えて、入山規制が続くなか、

    鹿児島大学の火山学者、井村隆介准教授は、「えびの高原は、この先、何年も入れなくなる可能性がある」と懸念を示している。

    国内の火山の現状は、ハザードラボ「火山マップ」でも随時更新しております。
    DbVY24BV0AADb0__R

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24532.html
    【【九州】えびの高原・硫黄山、県道横から立ち上る噴気「何年も入れなくなる可能性が…」火山学者が指摘 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/21(土) 10:34:49.31 
    硫黄山噴火 想定火口の外側で急速に隆起
    4月20日 20時04分
    K10011411991_1804202010_1804202024_01_02
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180420/k10011411991000.html?utm_int=realtime_contents_news-related_001_001

    鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の一つで宮崎県にある硫黄山について、想定されている火口の外側で地面が急速に隆起していることが国土地理院の解析でわかりました。この付近では20日夕方以降、新たに白い噴煙が出ているのが確認されていて、国土地理院は注意深く監視する必要があるとしています。
    国土地理院は地球観測衛星「だいち2号」が20日と先月、観測したデータをもとに、硫黄山の火山活動の解析を行いました。

    その結果、今回噴火が起きた場所の周辺の地盤が隆起し、最大でおよそ15センチに達していたということです。

    さらに、硫黄山の想定火口の西側を通る県道1号線の付近、直径100メートルほどの範囲でも、最大およそ15センチの隆起が確認されたということです。

    国土地理院はいずれもこの1週間程度で起きた変化とみていて、ここ数年では最も急激な変化だとしています。

    また、気象庁によりますと隆起が確認された県道1号線の近くでは20日の夕方以降、新たに白い噴煙が上がっている様子が確認されたということです。

    国土地理院の藤原智地理地殻活動総括研究官は「地下の浅い部分で熱水が上昇し、地面を持ち上げている現象をとらえているとみられる。特に火口の西側に関しては、今後も注意深く監視していく必要がある」と話しています。
    ★関連:【硫黄山噴火】「旅館やホテルのキャンセルが出ないか心配」 観光関係者ら大型連休前に不安募らす
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23506390.html
    【【霧島連山】硫黄山噴火 想定火口の外側で急速に隆起 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      火山 : 画像あり。(´・ω・`) : 1/74

      このページのトップヘ