1: pkpk117 2016/07/10(日)13:08:34 ID:5zH
no title

●今月の初め頃に行った
●ぼっち旅
●うpするのに時間がかかります

2: pkpk117 2016/07/10(日)13:09:41 ID:5zH
no title

( ̄ω ̄)名古屋から岡山まで遠かった・・・

4: 名無しさん 2016/07/10(日)13:10:28 ID:rlB
あ小豆島?

5: pkpk117 2016/07/10(日)13:10:48 ID:5zH
no title

( ̄ω ̄)今日は晴れそうだよ

6: 名無しさん 2016/07/10(日)13:10:49 ID:3XL
あ……小豆島
小豆島(しょうどしま)
香川県の県庁所在地高松市の約20km北東沖に位置し、同県最大の島である。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の面積で、日本の島においては19番目の大きさである。船でしか渡れない離島としては日本国内で最大の人口を有する島である。寒霞渓を始めとする渓谷・自然が瀬戸内海国立公園に指定されている。

古代には「あずきしま」と呼ばれ、その後中世までは「しょうずしま」と呼ばれた。素麺、醤油、佃煮、胡麻油、オリーブなどの生産が盛んであり、いずれも日本有数の生産地となっている。特にオリーブは国内栽培の発祥地として広く知られる。また、小説『二十四の瞳』の作者壺井栄の故郷としても知られ、小豆島をロケ地として、同小説はこれまで2回映画化された。

wikipedia.org

【日帰りで小豆島に行ってきた】の続きを読む