今週の人気記事

    噴火

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/05(木) 07:31:40.36 ID:CAP_USER9
    4月5日 5時56分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180405/k10011391351000.html

    鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で、5日朝早く、爆発的な噴火が発生し、噴煙が一連の噴火活動では最も高い、5000メートルまで上がりました。
    気象庁は、噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね3キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するとともに、火口の東側を中心に火山灰にも注意するよう呼びかけています。
    気象庁によりますと、新燃岳では5日午前3時31分に爆発的噴火が発生し、噴煙が今回の一連の噴火活動では最も高い、火口から5000メートルまで上がりました。

    またこの噴火で、大きな噴石が火口から1.1キロまで飛んだのが観測されました。
    噴煙は量が多く、東の方向に流れていて、気象庁は、降灰予報を出して火山灰に注意を呼びかけています。

    気象庁は、新燃岳では活発な噴火活動が続いているとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル3の火口周辺警報を継続し、
    火口からおおむね3キロでは大きな噴石に、おおむね2キロでは火砕流に、それぞれ警戒するよう呼びかけています。

    また風下側を中心に、小さな噴石に注意するとともに、爆発的な噴火に伴う大きな空振=空気の振動で、火口から離れた場所でも窓ガラスが割れるなどの被害が出るおそれがあり、注意が必要です。

    2018-04-05_0_R
    ★関連:【速報】霧島山・新燃岳で火砕流が発生 火口の西側へ800メートル流下 気象庁
    http://gazou.2chblog.jp/archives/23068230.html
    【【噴火/鹿児島/宮崎】噴煙5000m 新燃岳で爆発的噴火 大きな噴石や火砕流に警戒 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/25(日) 09:27:41.94 ID:CAP_USER9
    KAELtzF2

    @tv_asahi_newsさんのツイート: http://twitter.com/tv_asahi_news/status/977700756223442944
    @tv_asahi_news
    【速報】霧島山・新燃岳で火砕流が発生 火口の西側へ800メートル流下 気象庁
    9:16 - 2018年3月25日


    3: 名無しさん 2018/03/25(日) 09:29:11.96 ID:f/Mhnng30
    どうなるの?

    4: 名無しさん 2018/03/25(日) 09:30:40.08 ID:Y7tkmZB10
    >>3
    なんてことないさ

    81: 名無しさん 2018/03/25(日) 18:07:31.44 ID:qNtskKbS0
    >>3
    火砕流が発生したら高千穂峰の登山道が解放される

    6: 名無しさん 2018/03/25(日) 09:31:32.77 ID:ntnxndmJ0

    87: 名無しさん 2018/03/26(月) 02:14:03.10 ID:P9nIRrt40
    >>6
    星が綺麗(´・ω・`)☆
    ★関連:【噴火】新燃岳 爆発的噴火で噴煙4500mに 噴石や火砕流に警戒を[3月10日 4時19分]
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22724532.html
    【【速報】霧島山・新燃岳で火砕流が発生 火口の西側へ800メートル流下 気象庁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/19(月) 12:24:55.89 ID:CAP_USER9
    薩摩硫黄島で火山性地震が増加 小規模噴火のおそれ
    3月19日 12時07分

    鹿児島県の薩摩硫黄島で、19日明け方から火山性地震が増加しています。
    気象庁は、19日昼前、噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表し、
    小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、火口からおおむね1キロの範囲で
    大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

    気象庁によりますと、鹿児島市から南へ90キロほど離れた薩摩硫黄島で、
    19日午前3時ごろから振幅の小さな火山性地震が増加し、午前11時半までに51回観測されています。

    また今月16日には、地下の熱水やガスの動きを示すと考えられる火山性微動が1回観測されたほか、
    監視カメラでは先月以降、高温の火山ガスなどが雲に映って赤く見える火映現象が時折、
    観測されているということです。

    このため、気象庁は今後、小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、
    午前11時45分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「火口周辺規制」を示すレベル2に引き上げ、
    火口からおおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

    薩摩硫黄島は、120人余りの住民が火口から2.5キロ以上離れた地域に住んでいて、
    山頂に通じる登山道は、ふだんから専門家などを除いて一般の立ち入りが禁止されています。

    NHK NEWSWEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011370821000.html


    薩摩硫黄島の噴火警戒レベルを2へ引上げ
    http://www.jma.go.jp/jma/press/1803/19a/satsumaiou180319.html
    硫黄島(いおうじま)
    薩南諸島北部に位置する島である。郵便番号は890-0901。人口は114人、世帯数は61世帯(2010年2月1日現在)。薩摩硫黄島(さつまいおうじま)とも呼ばれる。大隅諸島には、含まれるとする説と含まれないとする説とがある。

    鬼界カルデラの北縁に形成された火山島であり、ランクAの活火山に指定されている。 主峰の硫黄岳(後述)は標高703.7mで常時噴煙を上げており、亜硫酸ガスによってしばしば農作物に被害が発生する。また、港内は港底から鉄分を多量に含んだ温泉が湧出し、海水との反応で赤茶色に変色している。硫黄のために島の周辺海域が黄色に変色していることから「黄海ヶ島」と呼ばれ、これが「鬼界ヶ島」に書き換えられたとの説がある。
    Iojima_Kagoshima_Japan_R
    硫黄島 (鹿児島県) - Wikipedia
    【【鹿児島】薩摩硫黄島で火山性地震が増加、小規模噴火のおそれ…気象庁、噴火警戒レベルを2へ引上げ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/10(土) 07:28:51.28 ID:CAP_USER9
    新燃岳 爆発的噴火で噴煙4500mに 噴石や火砕流に警戒を
    3月10日 4時19分

    鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では、爆発的な噴火が相次いでいて、10日午前2時前には噴煙が一連の噴火で最も高い4500メートルに達したほか、大きな噴石が火口から2キロ近くまで飛びました。火口の北西側からは溶岩の流出も続いていて、気象庁は噴火警戒レベル3を継続し、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
    気象庁によりますと、霧島連山の新燃岳では、今月1日から噴火が続いていて、9日夕方には爆発的噴火が発生し、噴煙が3200メートルに達しました。

    その後も断続的に噴火が発生し、このうち10日午前1時54分の噴火では、噴煙が一連の活動で最も高い4500メートルまで上がり、大きな噴石が火口から1.8キロ離れた場所まで飛んだのが確認されました。また、体に感じる大きな空振=空気の振動が観測されたほか、稲光のような放電現象「火山雷」も確認されたということです。

    さらに、9日昼前には、溶岩が火口の北西側に流れ出し、斜面をゆっくりと流れ下っているのが確認され、現在も続いているということです。

    新燃岳では、今後、火山活動がさらに高まるおそれがあるとして、気象庁は「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね3キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に、おおむね2キロの範囲では火砕流にそれぞれ警戒するよう呼びかけています。

    また、風下側を中心に、火山灰や小さな噴石、それに火山ガスに注意するほか、噴火に伴う大きな空振で窓ガラスが割れるおそれがあるとして注意を呼びかけています。
    26
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180310/k10011359121000.html 
    ★関連:【噴火】新燃岳、7年ぶりの爆発的噴火。噴煙2300メートル
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22639761.html
    【【噴火】新燃岳 爆発的噴火で噴煙4500mに 噴石や火砕流に警戒を[3月10日 4時19分] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/09(金) 12:46:01.54 ID:CAP_USER9
    活発な火山活動が続く鹿児島と宮崎にまたがる霧島連山の新燃岳で、火口から溶岩が流れ出した。

    福岡管区気象台によると、9日午前10時10分頃、活発な火山活動が続く霧島連山の新燃岳で、
    火口の北西側、鹿児島県の霧島市方面に溶岩が流れ出た。

    現在、新燃岳の噴火警戒レベルは3が継続されていて、火口から3キロが立ち入り禁止となっている。

    気象台では、溶岩が火口からどこまで流れ出ているか、現在、確認を急いでいる。
    噴火警戒レベルの引き上げや警戒範囲の拡大は、検討中だという。
    01_R

    00_R
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180309-00000032-nnn-soci 
    ★関連:【噴火】新燃岳、7年ぶりの爆発的噴火。噴煙2300メートル
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22639761.html
    【【噴火】新燃岳、火口から溶岩が北西側へ流れ出していることを確認 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/06(火) 16:46:28.12 ID:CAP_USER9
    気象庁は6日、宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)で
    同日午後2時半ごろ、爆発的噴火が起きたと発表した。爆発的噴火は2011年3月以来、7年ぶり。

    気象庁によると、噴煙は火口から最高で約2300メートルまで上がった。大きな噴石の飛散は
    確認されていないという。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続している。
    20180306-00000064-mai-000-6-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000064-mai-soci 
    新燃岳(しんもえだけ)
    霧島山最高峰である韓国岳と霧島山東部に聳える霊峰高千穂峰の中間付近に位置し、獅子戸岳と中岳の間に割り込むようにして聳えるなだらかな円錐台形の火山であり、山頂に直径750mの円形火口を擁する。火口底には平成噴火前まで直径150m、水深30mの青緑色を呈する火口湖の新燃池が存在していた。火口壁の南側に2つの岩峰が屹立しており、「兎の耳」と呼ばれている。

    平成噴火前まで高千穂河原から中岳を経由した登山道が整備され、山頂付近の植生はススキを中心とした草原となっており、所々に低木のミヤマキリシマ群生地が散在していた。当時も火山活動によってしばしば登山禁止の措置がとられる。
    Shinmoedake_crater_R
    韓国岳山頂から見た新燃岳火口(2017年1月)
    新燃岳 - Wikipedia
    【【噴火】新燃岳、7年ぶりの爆発的噴火。噴煙2300メートル 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/19(月) 18:40:22.51 ID:kkjIc9eb0
    スマトラ島で火山噴火 インドネシア、死者なし


     インドネシア・スマトラ島北部のシナブン山(2460メートル)が19日、噴火した。
    国家災害対策庁によると、死傷者は確認されていない。噴煙は山頂から上空約5千メートルに達し、
    火砕流の一部は火口から約3500~4900メートルの地点に到達した。

     噴火は同日朝、発生。ごう音が響いたという。シナブン山は2010年以降、噴火を繰り返している。
    政府は山頂から3~7キロの範囲を立ち入り禁止区域に設定しており、周辺住民が避難生活を続けている。

     インドネシアは環太平洋火山帯に位置し、政府当局によると計127の火山が活動する火山大国。

    http://www.sankei.com/affairs/news/180219/afr1802190013-n1.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    シナブン山(Gunung Sinabung)は、インドネシア北スマトラ州カロ県のブラスタギ近郊にある標高2,460mの活火山。世界最大のカルデラ湖であるトバ湖の北40kmにあり、安山岩・デイサイトを噴出した。2010年8月に有史以来初めての水蒸気爆発を起こし、2013年9月より噴火活動を活発化させ、溶岩流・火砕流が断続的に発生した。2014年2月1日には火砕流によって住民16名が犠牲となった。2016年にも死者が出ている。
    1024px-Sinabung-Gundaling-20100913_R
    シナブン山 - Wikipedia
    【【画像】 スマトラ島噴火 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/31(水) 19:59:20.99 ID:AdZWPh850
    メキシコ ポポカテペトル火山 3千メートルの噴煙柱 【動画・写真】

    no title


    メキシコ民間防衛庁は30日、ポポカテペトル火山が火山灰を巻き上げ、噴煙柱の高さが3千メートルに達したと発表した。
    同庁のプエンテ調整員はツィッターで、ポポカテペトル火山からの噴煙が3千メートルに達しており、近くにある自治体に火山灰が降ったことを明らかにしている。




    https://jp.sputniknews.com/incidents/201801314524180/
    ポポカテペトル山(ポポカテペトルさん、スペイン語: Popocatépetl)は、メキシコのプエブラ州に存在する活火山である。2016年現在も噴火継続中。山頂の標高は5426m。メキシコ国内ではオリサバ山(5760m)に次いで2番目に標高が高く、北米では5番目に高い山である。

    この山の「ポポカテペトル」という名は、ナワトル語で「煙を出す山」「煙を吐く山」といった意味。ちなみに、この山は円錐形の成層火山であり、見た目が富士山に似ているため、日系人や日本人にはメキシコ富士と呼ばれることもある。この他、この山の付近はメキシコ国内有数の未確認飛行物体が多数目撃される地帯として、UFO研究家などには広く知れている。

    有史以来約30回の噴火記録がある[2]。16世紀に噴火が確認されて以来、これまで15回大きな噴火が確認されている。1993年からは噴火が継続状態となっており、数年おきに小~中程度の噴火をおこす。2000年に噴火した時は、周辺住民約5万人が避難した。

    ポポカテペトル山には修道院などが存在しており、これらはポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群として世界遺産に登録されている。

    1280px-PopoAmeca2zoom_R

    ポポカテペトル山 - Wikipedia


    【ポポカテペトル山が噴火 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      噴火 : 画像あり。(´・ω・`) : 3/33

      このページのトップヘ