今週の人気記事

    上杉謙信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    92098576df8c25519ed94fbb1e06217b_s_R

    1: 名無しさん 2018/04/24(火) 17:36:49.90 ID:CAP_USER9
    岡山県瀬戸内市は23日、県内の個人が所有する国宝の備前刀「太刀 無銘一文字(山鳥毛(さんちょうもう))」を購入する方針を明らかにした。所有者は5億円での売却を希望しており、同市はふるさと納税の活用による財源捻出を進め、年内にも譲渡契約への道筋を付けたい考えだ。

     山鳥毛は戦国武将上杉謙信の愛刀としても知られ、謙信ゆかりの新潟県上越市が2016年に購入を表明したが、金額面で難航。交渉は17年11月、白紙に戻った。現在は岡山県立博物館(岡山市)に寄託されている。

     瀬戸内市によると、18年1月に所有者から譲渡の打診があり、交渉を開始。「国宝の中でも最高峰の一つとされる刀剣を入手する唯一無二の機会」(同市)と判断し、23日に開かれた市議会総務文教委員会で取得の意向を表明。インターネットで寄付金を集めるクラウドファンディング(CF)型ふるさと納税などで資金を調達するとした。

     同市は山鳥毛の鑑定に関連する補正予算案を6月定例市議会に上程する予定。有識者による評価委員会を開き、提示額の妥当性などを協議した後、年内にもCFを開始。資金調達のめどが立ち、議会の同意を得て譲渡契約を結ぶ。武久顕也市長は「文化財は地域のアイデンティティー。山鳥毛を『生まれ故郷』で守り、後世に伝えていきたい」と話している。

     同市は古くから刀剣産地として知られ、公設唯一の博物館「備前長船刀剣博物館」があるが、所蔵する200点超の刀剣に国宝や国重要文化財はない。

    4/24(火) 8:21
    山陽新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00010003-sanyo-l33 
    ★関連:【新潟】上杉謙信の愛刀、国宝「山鳥毛」 所有者当初10億円 最終5億円希望 市予算は3.2億円 取得断念で上越市教委が会見
    http://gazou.2chblog.jp/archives/20417535.html
    【【岡山】上杉謙信の愛刀、国宝の備前刀「山鳥毛」、瀬戸内市が購入方針 提示額5億円、ふるさと納税活用 上越市が購入を断念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/22(水) 01:43:29.26 ID:CAP_USER9
    上越市教育委員会の野澤朗教育長が2017年11月21日、記者会見し、上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」について、所有者との間で契約金額が折り合わず購入を断念すると発表した。上越市は専門家による評価額3億2000万円を購入費として予算計上していたが、所有者は交渉開始当初は10億円、最終的には5億円での売却を希望していたことなど交渉の経緯を明らかにした。

    ■「縁がなかった」 解釈に食い違い

    市教委は太刀取得に向けて、市民説明会開催や約7350万円を集めた募金活動など市民の機運を高めてきた。今月8日に担当者が面会した際、所有者から「縁がなかった。終わりにする」と伝えられ、交渉は決裂した。

    市教委が評価額3億2000万円を契約額の上限としていたのに対して、所有者は評価額をベースに上乗せが可能と考えていたとみられ、こうした解釈の食い違いが交渉決裂の原因となったという。野澤教育長は「市民の大きな期待と思いを頂いた中、購入の約束を果たすことができず大変申し訳ない」と述べた。

    記者会見では時系列でのやり取りなど交渉の経緯をまとめた資料が配布された
    https://www.joetsutj.com/storage/5,5953ab64a948

    ■発端は2015年6月 当初は10億円

    太刀は個人所有で岡山県立博物館に寄託されている。事の発端は、2015年6月に新潟県立歴史博物館を通じて寄せられた、所有者が上越市に譲渡する意向があるとの情報。これを受けて同9月に市教委の担当者が所有者と初めて面会。最初に提示された金額は10億円だった。

    ■評価額3億2000万円で同意?

    その後、翌2016年6月には所有者から「最低価格3億円以上、市の予算と寄付金でできる限り10億円に近づけたい」とのメールがあり、翌日に市教委は専門家による鑑定額が3億2000万円となったことを伝えた。これを受けて所有者は同月中に予定対価3億2000万円、譲渡先を上越市として文化庁に国宝の売渡申出書を提出した。市教委は翌7月に面会し、予算議決などの購入までの手続きを説明。その際には契約金額については同意を得たと考え進めてきたという。

    ■仮契約は?

    仮契約については「行政の契約では予算の裏付けのない契約書は発行できない」(野澤教育長)として行っていないが、市として意思表示するため2016年12月に仮契約書の「草案」という形で送付している。

    ■予算審議中に増額要求

    その後、今年3月2日に面会した際には入金先口座や刀剣の輸送方法などを確認している。しかしその直後、市議会での購入の予算案が審議されていたさなかの3月8日、所有者は5億円での買い取りをメールで求めてきたという。「どうしたのだろうと正直驚いたが、もう一度説得すれば大丈夫だと判断した」(野澤教育長)として、増額の要求は議会に伝えず、市議会は3月24日に予算を議決した。その後も所有者は増額を求め続け、最終的に今月8日に市教委の担当者が面会した際に、交渉決裂が確定的となった。

    ■寄付金は返還へ

    集まった7350万円の募金のうち、ふるさと納税や一般の寄付金合計約2350人分については、年度末までに返還する予定。このうち募金箱に入れられた匿名の寄付は約53万円あり、返還できないことから市の収入になる。

    no title

    配信2017年11月21日 (火) 18:25
    上越タウンジャーナル
    https://www.joetsutj.com/articles/36097938
    ★関連:【新潟】「越後の虎」上杉謙信の愛刀、約3億2000万円は安すぎ? 価格面で取得交渉が難航 上越市立総合博物館
    http://gazou.2chblog.jp/archives/18580454.html
    【【新潟】上杉謙信の愛刀、国宝「山鳥毛」 所有者当初10億円 最終5億円希望 市予算は3.2億円 取得断念で上越市教委が会見 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 紅あずま ★ \(^o^)/ 2017/09/08(金) 09:00:29.48 ID:CAP_USER9
    「越後の虎」謙信の愛刀、約3億2000万円は安すぎ? 新潟・上越の取得交渉が難航
    産經新聞:2017.9.7 21:48更新

    no title

    上杉謙信の愛刀の購入に向け、新潟県上越市が官民一体となって寄付を呼び掛けるちらし

     戦国時代を代表する武将の一人、上杉謙信(1530~78)が愛用したとされる国宝「太刀 無銘一文字」の取得に向け、上越市が岡山県に住む所有者との間で進めている交渉が難航している。
    市は3億2千万円という専門家の評価額を上限に交渉に臨んでいるものの、所有者側が金額の上乗せを求めたもようで、価格面で折り合っていない。
    平成30年7月にリニューアルを予定している市立総合博物館の目玉展示物にする市の計画は、交渉が長引けば見直しを迫られる可能性も出てきた。

     同市では2千万円以上の物品などを購入する場合、仮契約後に市議会の議決を得た上で本契約を結ぶことになっている。
    太刀の購入について市は当初、今年度の早い時期に仮契約を結び、契約に関する議案を市議会6月定例会に提出して本契約の交渉を進めるスケジュールを描いていた。

     しかし、所有者と直接会う機会が限られたこともあり、交渉は停滞。
    契約に関する議案は6月定例会に続き、5日に開会した9月定例会にも市は提出の見送りを余儀なくされた。

     太刀は、刀剣収集家だった所有者の祖父が入手したとされ、現在は岡山県立博物館に寄託されている。
    昨年6月、謙信ゆかりの地に所有者が譲渡する意向があるとの情報を得た上越市が取得の方針を決め、平成29年度の一般会計予算に維持管理費も含めて約3億3千万円を計上した。

     村山秀幸市長は、交渉を担当する市教育委員会に対し、これまでの経過を点検した上で「誠意を持って交渉を続けるように指示した」としている。
    ただ、先行きの見通しは立っておらず、交渉が今後成立しても本契約の締結は12月定例会以降になる。
    市の担当者は「今年度中に本契約を結びたい」としている。

     市は、購入費などに充てるため市民に官民一体となって寄付を呼び掛けており、8月25日現在の募金額は約7284万円。
    購入後に募集する企業版のふるさと納税も活用する方針だ。

     上杉家は同市に城跡が残る春日山城を居城とし、謙信は「越後の虎」とも呼ばれた。
    後を継いだ景勝は、徳川家康によって米沢(山形県)に移封。
    市は約420年ぶりに太刀が戻ってくれば、謙信の「義の心」が再認識され、市民の古里への誇りと愛着が高まると購入の意義を説明している。

     取得交渉の難航について、岡山県立博物館は「状況の推移を見守るしかない」としている。
    http://www.sankei.com/life/news/170907/lif1709070038-n1.html 

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504828829/

    【【新潟】「越後の虎」上杉謙信の愛刀、約3億2000万円は安すぎ? 価格面で取得交渉が難航 上越市立総合博物館】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      上杉謙信 : 画像あり。(´・ω・`) : 1/3

      このページのトップヘ