1: 名無しさん 2018/06/28(木) 17:15:40.31 ID:mhQIP7/w0
インコが大量発生…野生化したペットか?

東京や神奈川でインコが大量発生。住
民が困惑しています。目撃情報が相次いでいるこのインコは、「ワカケホンセイインコ」という外来種。元々は、インドやスリランカに生息していますが、ペットとして飼われていたインコが野生化したのです。

とある公園の敷地内の木…そこはインコの寝床になっています。昼は十数羽で移動していますが、日が落ちると徐々に集まり始め、1000羽を超える大群に。ここ2か月で住み着いてしまったということですが、付近の住民はインコの鳴き声に困っているそうです。

0001_R
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180628-00000048-nnn-soci 

ワカケホンセイインコ
https://youtu.be/ipKzLnk82l4


https://youtu.be/iB52iP2a_MY


https://youtu.be/IHJgOK8lLRY


4: 名無しさん 2018/06/28(木) 17:18:43.45 ID:MlGWUMO40
とある公園てどこ?
うちのほうも多いけど、寝床は別っぽい。

8: 名無しさん 2018/06/28(木) 17:28:01.76 ID:kPGB28EZ0
東工大にいた群れが川崎の方に移動したんだっけ
ワカケホンセイインコ(輪掛本青鸚哥)
オウム目インコ科の鳥。北緯20度以南のインド、スリランカに分布している。世界各地でペットとして飼われていたものが野生化する現象が起きており、日本でも関東地方を中心に野生化が知られている。

全長約40cm。緑色の体色で雄の成鳥には喉から首にかけて広い黒帯が走り、首の後ろは細い桃色の帯となる。通常の緑色の他、色変わりとして青色、黄色、白色の個体もいる。嘴は大きくて赤く、尾羽は長い。寿命は、飼育環境下で最長約30年である。

日本ではペット個体が逃亡などして各地で野生化している。最初に定着が確認されたのは1969年の東京都23区の西南部であり、その後、新潟県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、長野県、静岡県、岐阜県、大阪府、京都府、広島県、兵庫県、愛媛県、佐賀県、宮崎県でも生息や繁殖が確認されている。

多数の言葉を覚えることや、ワカケダンスに代表されるような面白い行動をとることからペットとして人気があるが、神経質な性質なのでよく知らない人間が不用意に手を近づけると噛まれて大怪我を負う恐れがあるため、注意が必要である。また、鳴き声が非常に大きいので、よく環境を調べてから飼った方が良い。
Wakakehonsei
wikipedia.org

【飼うと糞かわいいワカケホンセイインコが野生化して大繁殖。数百羽の群れに 】の続きを読む