今週の人気記事

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/09(木) 12:59:55.48 ID:CAP_USER9
    日本の象徴として在位される天皇陛下。実は陛下はかつてはプリンス自動車のグロリアやスカイラインなどを乗り継ぎ、クルマ好きとしても知られている。そんな天皇陛下が現在お乗りのクルマはどんな車種なのか? 無謀にも宮内庁に電話取材を敢行。いったいどんな回答を得られたのか、こうご期待です。

    天皇陛下の愛車は「キャブ車」だった!? いまなおご愛用される陛下の愛車に迫る

    「天皇陛下の愛車って詳しくわかる?」。編集長のひと言がこの企画のスタートだった。ホンダのインテグラということはわかっているものの、詳細は聞かないとわからない。というよりも、むしろ教えてくれるのか? 宮内庁総務課報道室に電話取材をしてみた。

    BC:陛下のご愛車についてお聞きしたいのですが。

    宮内庁:陛下の愛車でございますか……。担当部署に確認をしますので、質問事項をメールにてお送りいただけますか?

    ~5日後~

    宮内庁:いまFAXにてご回答を送付しました。A4用紙1枚です。

    ということで回答をもらえた質問を紹介しよう。

    編集部に戻ってきた宮内庁からの回答。電話応対など丁寧な対応に驚いた
    no title


    【天皇陛下の愛車を教えて下さい】 

    天皇皇后両陛下の週末の皇居内のご移動は愛車のインテグラで行われることも多いようだ
    no title


     いろいろとウワサのある陛下の愛車。年式やグレードについて宮内庁に聞いてみると、回答は「車名はインテグラです」とのこと。これだけではちょっと物足りないので政府インターネットテレビなどの動画などから推測してみると、2代目インテグラということはまちがいなし。またホイールが鉄ちんホイール、5MT車ということを総合すると「RX」というグレードがそれに当たるようだ。驚くことなかれ、このグレードはキャブ車である。

     東京地区で119万円とベストカー1989年5月10日号に掲載があったが、陛下の愛車もきっとこの金額で納品されているはず。現在も大事に乗られていることから、いかに陛下が愛車を大事に取り扱われているかがわかる。

    【整備は誰がする?】

     天皇陛下がご公務などで乗られる御料車は宮内庁車馬課などで整備や運用を行っている。そうなると陛下の愛車もひょっとして……、と思い聞いてみた。「整備や点検は外部に委託して行っています」との回答。あくまでも陛下の私有財産であり、宮内庁が整備する必要性がないということだろう。整備や保管の状態もよく、写真を見る限り世界で一番キレイなインテグラなのは間違いないだろう。

    【陛下も一般公道を運転される?】

     天皇皇后両陛下が一緒にインテグラに乗られる様子が公開されたことがあったが、普段は陛下はどのようなシーンで愛車をお使いなのだろうか? 宮内庁の回答では「週末に皇居内の東御苑やテニスコートに行かれる際にお使いになっています。一般公道をお走りになることはありません」とのことだった。

     緑も多い皇居内だけに、インテグラでのドライブも気持ちがいいドライブコースかもしれない。仲むつまじい両陛下のドライブにも欠かせない存在になっていることに間違いない。

    【税金、免許は一般の人と同じ?】

     一般国民は免許更新や自動車税などの税金を納めているが、陛下の場合はいかがだろうか? 「免許に関しては高齢者講習を皇居内でお受けになっています。また税金などに関しては一般車と同じです」とのこと。さすがに運転免許試験場に足をお運びになることはないとのことだが、陛下も我々国民と同様の手続きでクルマを運転されるということだ。

     陛下は昨年1月に免許更新を受けられているとのことだが、実はこれが最後の免許更新というご意思をお持ちという報道もあった。当時82歳の陛下は認知機能検査なども一般ドライバーと同じものをお受けになられたはずだ。週末の両陛下のドライブの様子をまたぜひ動画などでお見かけしたいものである。

    >>2以降に続く

    配信11/9(木) 11:30
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010001-bestcar-bus_all&p=1

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510199995/

    【【車】天皇陛下の愛車は「キャブ車」だった! いまなおご愛用される陛下の愛車「インテグラ」に迫る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/05(日) 17:02:09.55 ID:aLl3yuWG0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    ユーチューブのチャンネル「Donut Media」に、1973年からのホンダ・シビックシリーズの進化の全史を示す動画が公開された。
    1分半だけ費やして、1973年の1.2リットルエンジンを搭載した出力50馬力の初代シビックが最終的に全くの変貌を遂げ、世
    界でも名高いニュルブルクリンク・サーキットで最速ラップタイムを更新した最高出力320馬力のシビック タイプRとなった歴史
    を御覧ください。

    https://jp.sputniknews.com/science/201711054248425/
    https://youtu.be/11nLdduJzzI


    4248392

    no title

    2: 名無しさん 2017/11/05(日) 17:09:53.08 ID:zTps7aOG0
    EK9辺りで終わった車。シビックタイプRじゃなくて、Type Rとして独立すべき

    6: 名無しさん 2017/11/05(日) 17:25:43.94 ID:dbRgbVQs0
    シビックの大きさと価格は世界の成長率と連動している
    日本は20年以上成長してないのでやたらと価格が高いと思ってしまうが世界各国では20年前のシビックと同じ感覚で買える

    35: 名無しさん 2017/11/05(日) 19:26:10.98 ID:VuTSWJEP0
    >>6
    ぐうの音も出ない

    7: 名無しさん 2017/11/05(日) 17:31:35.43 ID:OGpSuDNO0
    車重が倍になったな。
    ★関連:現代版にリメイクしてほしい絶版車と言えば
    http://gazou.2chblog.jp/archives/17347221.html

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509868929/

    【HONDA CIVICの1973年からの巨大化の歴史を一望する動画。カッケー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/10/31(火) 20:23:50.36 ID:6Uu4yfQ20 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    ホンダが シビック タイプR 新型用エンジンを販売へ…草の根レースを支援

    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月30日、SEMAショー2017の開幕を前に、新型『シビック・タイプR』用のエンジンを販売すると発表した。

    新型シビック タイプR用のエンジンは、ホンダが米国でモータースポーツに参戦する顧客に向けて販売するもの。
    HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)の「ホンダ・レーシング・ライン・プログラム」を通じて、販売が行われる予定。

    新型シビック タイプRのパワートレインは、「K20C1」と呼ばれる2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」。
    北米仕様の場合、最大出力306hp/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500~4500rpmを引き出す。

    なお、このエンジンの単体価格は、6519ドル(約74万円)と公表された。

    アメリカンホンダは、「新型シビック タイプR 用エンジンの販売は、草の根レースをサポートするというホンダの長期的な取り組みに基づくもの」と説明している。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000031-rps-ind

    引用元: ・ホンダ タイプRエンジンを販売!!!

    【ホンダ タイプRエンジンを販売!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/10/19(木) 16:50:24.13 ID:5p+RLQfD0
    2017年11月10日、ホンダがモデルチェンジした「スーパーカブ」シリーズ4種類を発売します。

    熊本製作所で生産
    ホンダは2017年10月19日(木)、オートバイの「スーパーカブ」シリーズ4種類をモデルチェンジし、生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管したうえで、
    11月10日(金)に発売すると発表しました。

    no title


    「スーパーカブ50」パールシャイニングイエローのイメージ(画像:ホンダ)。

    「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」は、高効率の空冷・4ストローク・単気筒エンジンを搭載。外観はレッグシールドからリアフェンダーにつながる
    滑らかな曲面で構成されたデザインに一新されます。また、ボディーの両サイドに取り外し可能なサイドカバーが採用されたほか、
    丸形ヘッドライトにLEDを採用したことで、コンパクトなハンドルまわりが実現しています。

    メーカー希望小売価格(消費税込み)は「スーパーカブ50」が23万2200円、「スーパーカブ110」が27万5400円です。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/13770189/

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1508399424/l50

    【ホンダ 新型スーパーカブ発売へ カタログ上の燃費は110km/Lという驚くべき数値 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/10/14(土) 22:59:10.68 ID:VQD1XmO30 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    トップ奪還も夢じゃない!? ホンダ・ステップワゴンSPADAハイブリッドが大胆無敵に変身!

    ステップワゴンは大胆なマイナーチェンジを果たしました。同モデルの主流(販売の8割を占める)というSPADA(スパーダ)に、
    オデッセイ譲りの2.0リッター「スポーツハイブリッド i-MMD」を与え、さらにフロントマスクを押し出しの強いデザインにガラリと変えてきたのです。

    今回、その新しく生まれ変わったステップワゴン・スパーダ・ハイブリッドに高速道路から市街地、ワインディングまで幅広いシチュエーションで試乗することができました。

    大きなグリルが食い込むようにデザインされた新しいLEDヘッドライトを持つフロントマスクは、これまたMクラスミニバンのトレンドに則ったもので、
    従来のステップワゴン・スパーダが持っていたスポーティなフォルムから一変。ワンクラス上の存在感を示しているよう。

    そして、新搭載されたハイブリッドによる走りもクラスを超えたものとなっています。

    JC08モード燃費25.0km/L、新基準であるWLTCモードでは20.0km/Lとなっているハイブリッドユニットは、燃費性能だけがセールスポイントではありません。
    2.0リッターアトキンソンサイクルDOHCエンジンに、2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは発生する最大出力は158kW、最大トルクは315Nmと、3.0リッターNAエンジン並の数値。

    しかも常用域においてはエンジンで発電モーター回し、駆動モーターでタイヤを回す2モーターハイブリッドというのは、その仕組みから変速ショックがゼロで、
    シームレスな加速が味わえます。発進時に最大トルクを発生できるモーター駆動のメリットと相まって、その加速感は爽快そのもの。

    新しいハイブリッドではACCが全車速域対応になったことで、渋滞時の疲労軽減にも役立ってくれるはずです。
    なお、ACCを設定できる上限速度は135km/hとなりました。LKASもその上限速度までは機能するよう進化しています。
    https://youtu.be/QXN4ATnKtnw



    https://clicccar.com/2017/10/14/520368/
    no title

    no title

    引用元: ・新型ステップワゴンがやばい

    【新型ステップワゴンがやばい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/06(金) 09:17:50.935 ID:Hbg9BoIf0
    no title
      
    no title
     
    no title

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/06(金) 09:18:34.141 ID:IBwPl0BZ0
    キモい

    7: (/・ω・)/ 2017/10/06(金) 09:19:05.109 ID:tIsDUeO+0
    >>2
    わろた

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/06(金) 09:18:46.261 ID:aItCAeuC0
    コンセプトデザインだが

    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/06(金) 09:18:58.377 ID:qa0FCmfjd
    オラついてないホンダなんて

    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/06(金) 09:20:21.730 ID:nsjhaWB8d
    真顔です
    ★関連:【朗報】トヨタが若者向けコンセプトカーを発表 カッコ良すぎワロタwwwww
    http://gazou.2chblog.jp/archives/19200528.html

    引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507249070/

    【ホンダの新型車かっこよすぎワロタwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/[US] 2017/09/28(木) 23:14:31.49 ID:PUoHy8z30 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    ホンダは、11月にマイナーチェンジを予定しているミニバン『オデッセイ』に関する情報をホームページで先行公開した。

    今回の改良では、力強く進化したエアロフォルムや新デザインのアルミホイールを採用するなどエクステリアデザインを変更。
    インテリアでは、重厚感あふれる黒木目調インストルメントパネルやカットグラスのようなパターンの新コンビシートを採用する。

    また安全運転支援システム「ホンダ センシング」は、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に、前走車が停車すれば合わせて停車する
    「渋滞追従機能」をプラス。機能を充実させている。

    no title

    no title

    1227470

    ★関連:新型ステップワゴンきたー!デザイン一新かっけぇ!基本的にモーターのみ走行
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506608071/ 
    【【ホンダ オデッセイ 改良新型】ホームページで先行公開、エクステリア変更など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 15:38:23.17 0
    ホンダが都市型EVのコンセプト「Honda Urban EV Concept」を発表、2019年の市販を前提

    自動車メーカーのホンダが、初代「シビック」をほうふつとさせるEVのコンセプトカー
    「Honda Urban EV Concept」を2017年フランクフルトモーターショーで発表しました。
    将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すというこのコンセプトモデルをもとに、
    ホンダは2019年にヨーロッパ市場に新型EVを投入する予定です。

    no title

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=PxDS1onjw3U

    http://gigazine.net/news/20170913-honda-urban-ev-concept/ 

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1505457503/

    【やっぱりこういう電気自動車を発表できてしまうのがホンダの凄さだよな】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      ホンダ : 画像あり。(´・ω・`) : 4/63

      このページのトップヘ