今週の人気記事

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 張り手(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2017/01/22(日) 17:12:50.55 ID:5GJNRsi90 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    トヨタ自動車は、「東京オートサロン2017」(2017年1月13~15日開催、幕張メッセ)において、コンパクトカー「ヴィッツ」とハイブリッドカー「アクア」の新たなコンセプトモデルを世界初披露した。

     この2つのモデルは、チューニングブランド「GAZOO Racing tuned by MN(GRMN)」「G SPORTS(G's)」の今後を示すスタディとなる「TGRコンセプト」だ。
    市販を前提としており、全日本ラリーや世界ラリー選手権(WRC)を戦うヴィッツで得た技術を、FF(前輪駆動)のコンパクトカーで日常的に楽しんでもらう狙いがある。

     競合モデルは「プジョー『208GTi』やフォルクスワーゲン『ポロGTI』のような欧州のホットハッチ」(トヨタ自動車の説明員)だという。
    ヴィッツTGRコンセプトは、ヴィッツRSがベース。トランスミッションは6速MTで、車両重量は1100kg。アクアTGRコンセプトは車両重量が1090kgでトランスミッションは無段変速機を使用する。

    l_ys_170117toyota_06

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1701/18/news049.html

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485072770/

    【プジョー「208GTi」やVW「ポロGTI」に負けないホットハッチ、トヨタが試作中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 21:12:42.49 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/19/news099.html
    no title

     トヨタ自動車は1月19日、SUV(スポーツ多目的車)の新モデル「C-HR」について、発売から約1カ月で約4万8000台を受注したと明らかにした。
    月販目標台数(6000台)の8倍に当たり、好調な立ち上がりだという。

     受注の内訳はハイブリッド車が約3万7000台、ガソリンターボ車が約1万1000台。個性的なデザインや
    「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ」(TNGA)による走行性能、ハイブリッド車の低燃費(30.2キロ)──などが好評という。

     受注が多く集まった結果、納期に遅れも。1月13日の時点で、それ以降の注文分の場合、ハイブリッド車は4月中旬以降、
    ガソリン車は4月上旬以降の出荷になると告知している。
     価格はガソリンエンジン車が251万6400円(税込)から。ハイブリッド車が264万6000円(同

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484827962/

    【【クルマ】トヨタの新型SUV「C-HR」、発売1カ月で目標の8倍4万8000台受注】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/10(火) 08:59:28.93 ID:CAP_USER
    http://jp.autoblog.com/2017/01/09/2018-lexus-ls-turbo-v6-redesign/
    no title

    no title



    レクサスは9日、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーにおいて、11年振りにフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表した。


    日本ではトヨタ「セルシオ」と呼ばれた初代が1989年に登場して以来、5代目にあたる新型LSで
    一見して分かる最大の特徴は、新開発の「GA-L(global architecture for luxury vehicles)」プラットフォームを採用することで
    実現したという低く構えたスタイリング。これをレクサスでは「クーペシルエット」と呼ぶ。
    レクサスのセダンで初めて、片側3枚ずつのサイド・ウィンドウを持つ6ライト・キャビンと、そのガラスの
    内側にサイド・ピラーを統合したフラッシュサーフェイス・ウインドウが採用された。

    全長5,235mm × 全幅1,900mm × 全高1,450mm(北米仕様)というサイズは、
    先代より125mm長く、25mm幅広く、そして25mm低い。同じプラットフォームを一足先に採用した「LC500」
    より延長されたホイールベースは3,125mmと、先代のロング・バージョンと比べても35mm長い。ホイールは19インチと20インチが用意される

    後部まで伸びたルーフラインと、前傾した後部ドア後端、そこからワイドに膨らんだフェンダーは、
    確かに保守的な4ドア・セダンのスタイルとは一線を画す。このボディ造形の抑揚を強調するため、
    レクサス独自の「ソニック」と呼ばれる二層構造の塗装技術をさらに進化させ、「金属を削りだしたような印象を与える」と
    同社が誇る新規開発色「マンガンラスター」を採用した。

    (以下略)

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484006368/

    【【クルマ】レクサス、11年振りにフルモデルチェンジした新型「LS」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/13(金) 22:26:44.64 ID:CAP_USER
    http://response.jp/article/2017/01/13/288328.html

    no title

    no title


    レクサスは1月12日、米国マイアミで開催したブランドイベント“Through the Lens”において、レクサス『スーパーヨット コンセプト』を初公開した。
    トヨタは1997年から、プレジャーボートの開発、生産および販売を行ってきた。これまでに約900隻のボートを日本国内で販売している。

    レクサス スーパーヨット コンセプトは、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、レクサスが車だけに留まらず、
    顧客に驚きと感動を提供するための新たな提案のひとつとして開発。これまで培ってきた技術、ノウハウを最大限活用し、
    スタイリッシュかつ卓越した走航性能を持つオープンクルーザーを完成させた。

    開発にはレクサスのチーフブランディングオフィサーで、トヨタの豊田章男社長も参画。ブランドのデザインフィロソフィーに
    基づく流麗なフォルムに、新型ラグジュアリークーペ『LC』用の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを2基(最大出力900ps)
    搭載するなど、レクサスの特徴を数多く備えたコンセプトモデル。

    豊田章男チーフブランディングオフィサーは、「モビリティの可能性を海にも広げたいという思いのもと、かねてから
    マリン事業に取り組んできた。レクサス スーパーヨット コンセプトは、レクサスが提供するライフスタイルを拡げる新たなモビリティの提案」と語っている。
    ★関連:トヨタがレクサスのプレジャーボートを販売へ 車の技術やデザイン導入
    http://gazou.2chblog.jp/archives/15952260.html

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484314004/

    【【乗物】レクサス、「スーパーヨット」初公開…LC 用エンジン2基で900馬力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/14(水) 15:18:06.18 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車は2016年12月14日、新型コンパクトSUV「C-HR」を発売した。

    トヨタC-HRは、クルマづくりに関するトヨタの構造改革「TNGA」を全面的に取り入れて開発された
    第2弾のモデルにあたる。プラットフォームはTNGAの第1弾モデルである現行型「プリウス」と同じだが、
    C-HRでは世界各地での走行テストを通して各部を独自にチューニング。コンセプトである
    「我が意の走り」を追求したという。デザインも同車の特徴で、エクステリアについてはスピード感あるキャビン
    形状や彫刻的な面造形、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディーと、大きく張り出したホイールフレアとの対比などにより、
    軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。一方、インテリアについてはメーターを中心とした
    操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できる“ドライバーズ空間”としている。
    パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類で、
    駆動方式は前者がFF、後者が4WD。JC08モード計測による燃費は、ハイブリッド車が30.2km/リッター、
    ターボ車が15.4km/リッターと公称されている。ラインナップはハイブリッド車が「S」と「G」、ターボ車が「S-T」「G-T」の全4グレード構成で、
    全車に運転支援システムの「Toyota Safety Sense P」を標準装備。
    上級グレードの「G」「G-T」には、18インチアルミホイールやLEDフロントフォグランプ、ブラインドスポットモニター、
    クリアランスソナー&バックソナー、上級ファブリックと本革による専用シート表皮などが採用されている。価格は以下の通り。

    S-T:251万6400円
    G-T:277万5600円
    S:264万6000円
    G:290万5200円


    http://www.webcg.net/articles/-/35617
    no title

    no title

    no title

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1481696286/

    【【クルマ】トヨタ、TNGA第2弾となるコンパクトSUV「C-HR」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ダイビングフットスタンプ(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2016/12/03(土) 16:35:10.68 ID:dfC4j0ns0
    最近はクルマの好きなユーザーを中心に、クロスオーバーSUVが人気を集めている。大径のタイヤを装着して外観がカッコ良く、ボディの上側はワゴンや
    5ドアハッチバックと同じ形状だから居住性も満足させやすい。荷室にはリアゲートが装着され、荷物の収納もしやすい。趣味性と実用性を両立させて人気を得た。

    SUV車はもともと悪路を走ることを考えたクルマで、タイヤのサイズも大きいが、今では一種のファッションになった。SUVだから走破力が高いとはいえず、
    駆動方式が2WDで、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が170mm以下の車種も増えた。少し背の高いワゴン&ハッチバックとなっている。

    その意味で注目される新型車が、2016年12月14日に発売されるトヨタ新型SUVのC-HRだろう。全長を4360mmに抑えて、3ナンバー車ではあるがSUV車ではコンパクトな部類に入る。

    C-HRを迎え撃つライバル車はホンダ ヴェゼル。全長を4300mm前後に抑えたコンパクトなSUVで、外観には存在感があり、ボディサイズの割に車内が広い。今回はこの2車種を比べる。

    http://carview.yahoo.co.jp/article/whichone/20161202-02000055-autocone/

    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480750510/

    【トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: エクスプロイダー(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2016/12/02(金) 20:32:42.55 ID:huTncnJG0
    no title


    トヨタは、北米市場における最主力製品であるミッドサイズセダン"Toyota Camry"の次期型モデルを2017年1月の北米国際自動車ショーで披露することを、
    デトロイトで行ったイベントにおいて明らかにした。また、そのリアエンドの姿を収めたティーザー画像も併せて公開されている。

    2018年モデルのカムリは、軽量設計を自慢とするブランド最新の"TNGA(Toyota New Global Architecture)"モジュラープラットフォームを基盤に新生することによって車輌重量を大きく削減。
    加えて、新しい排気量2.0L 4気筒ターボエンジンの設定や8速オートマチックトランスミッションの採用などでも、一層の効率性の向上が図られるものと考えられている。

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51980011

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480678362/

    【【クルマ】新型カムリが半端なくダサい!!!!マジで半端ねーぞこれ!!!】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      トヨタ : 画像あり。(´・ω・`) : 9/71

      このページのトップヘ