今週の人気記事

    トヨタ2000GT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/04(土) 17:08:16.29 ID:CAP_USER9
    産経WEST2017.11.4 16:48更新 wst1711040042-p1

    http://www.sankei.com/west/news/171104/wst1711040042-n1.html

    生産台数が少なく「幻の名車」とも言われたスポーツカー「トヨタ2000GT」の誕生50周年を記念したイベントが4日、愛知県長久手市のトヨタ博物館で開かれた。全国から約20台が集まり、博物館の敷地内でパレードなどを実施した。

     白や青、赤といった車がずらりと並び、所有者は訪れたファンに車内やエンジンを公開した。博物館の布垣直昭館長は「ほとんど手作りの車。大量生産に慣れた現代だからこそ余計に魅力を感じるのだろう」と語った。

     東日本大震災の影響で愛知県に避難している人を対象に、助手席で乗り心地を体験する催しも。盛岡市から愛知県蒲郡市に移ったという主婦似内成子さん(79)は「憧れの車だった。一度は乗りたいという夢がかなった」と笑顔で話した。

     2000GTは、トヨタ自動車が昭和42~45年に337台生産した。運転席から車の前部が長く伸び、全体的に丸みを帯びたデザインが美しいと評価が高く、人気映画「007」シリーズで主人公が乗る「ボンドカー」にも使われた。

    ★関連:トヨタ2000GTが50周年! 今なお9割が日本に現存
    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509782896/
    【【のりもの】「幻の名車」トヨタ2000GTが20台集結 誕生50周年イベント、「007」のボンドカーにも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/06/09(金) 10:48:25.32 9
    トヨタ2000GTが50周年! 今なお9割が日本に現存 (1/3ページ)

    投稿日: 2017年6月9日 TEXT: WEB CARTOP編集部 
    https://www.webcartop.jp/2017/06/115280

    大卒初任給が2万6200円の時代に238万円で登場
    1967年に238万円と当時高価な価格で販売されていたトヨタ2000GT。新卒大学生の初任給が2万6200円から換算し現在の価格に照らし合わせると約2000万円。前期型、後期型の2000GTを合わせても337台しか製産されず1台作るごとに60万円近くの赤字が出ていたという。そんなトヨタ2000GTだが、現在でも9割以上が日本に残っているとのことだ。今回は2000GTオーナーズクラブジャパンに取材をしてきた。
    今回取材協力をして頂いたトヨタ2000GTオーナーズクラブジャパン会長の瀬谷さんは33年間2000GTを所有している。

    「さすがに新車は高額で購入できませんでした。縁あって中古で購入したのが33年前ですね」

    現在トヨタ2000GTオーナーズクラブジャパンは77名のクラブ員がいるという。

    「売りたい人はいないですね。新車から乗っている人はほとんど居なくて、お父さんの代から受け継いでいる方が多いです。車両は日本に9割が現存しています」。

    337台しか製産されいないなか、9割が残っていることが驚きではないだろうか。

    「いろいろとトラブルがありましたが、解決していくごとに愛着が湧いてきますね。自分が乗れなくなったらせがれに譲っていくクルマだと思います」と語る。

    1D8A3332-680x453

    IMG_3227-680x453


    NEXT PAGE トヨタ2000GTの歴史を振り返る
    https://www.webcartop.jp/2017/06/115280/2
    https://www.webcartop.jp/2017/06/115280/3

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1496972905/

    【トヨタ2000GTが50周年! 今なお9割が日本に現存】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      トヨタ2000GT : 画像あり。(´・ω・`) : 1/2

      このページのトップヘ