今週の人気記事

    クルマ

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/23(金) 20:54:53.379 ID:66+RGMAq0
    やべぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    no title
     
    no title
     
    no title

    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title

    引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1482494093/

    【【クルマ】50人中49人がかっこいいって言う車見つけた】の続きを読む

    _SY445_

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/21(水) 23:47:46.239 ID:gvPoHk0G0
    https://youtu.be/JBShA1dfRk0


    WRC世界ラリー選手権

    これよりカッコいいのはないな…

    引用元: ・車で4輪のモータースポーツで一番カッコいいのはWRC だと思う! [\(^o^)/]©2ch.net

    【【クルマ】車で4輪のモータースポーツで一番カッコいいのはWRC だと思う!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/14(水) 13:45:22.47 ID:CAP_USER
    http://autoc-one.jp/ferrari/launch-3059245/
    no title

    no title

    no title


    フェラーリは、国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、
    限定10台の日本限定モデル“フェラーリ J50”を発表した。

    フェラーリ J50の価格は250万~300万ユーロで、日本円に換算するとおよそ3億~3億6千万円。
    限定10台については、残念ながら既に完売しているという。

    フェラーリ・イン・ジャパン50周年記念特別限定モデルであるフェラーリ J50は、1970年代から80年代に人気を博した
    フェラーリ・ロードカーを想起させるタルガボディ・スタイルの復活を強調する2シーターのミッド・リアエンジン・ロードスター。
    フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門によって開発され、マラネッロのフェラーリ・スタイリングセンター・チームによって
    設計されたJ50は、フェラーリ伝統の精神「フォーリ・セリエ」が今に蘇るわずか10台の限定モデルで、1台1台ユーザーの
    リクエストに合わせてテーラー・メイドで仕上げられる。
    488スパイダーがべースのフェラーリ J50は、今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで
    総合優勝に輝いた3.9リットルV8エンジンの出力690cv特別バージョンを搭載。
    完全新設計のボディワークは、個性的で未来的なデザイン手法を取り入れたデザインとなっている。

    (以下略)

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1481690722/

    【【クルマ】“眩暈がするほど格好良い”3億円のフェラーリ日本限定モデルJ50が発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/14(水) 15:18:06.18 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車は2016年12月14日、新型コンパクトSUV「C-HR」を発売した。

    トヨタC-HRは、クルマづくりに関するトヨタの構造改革「TNGA」を全面的に取り入れて開発された
    第2弾のモデルにあたる。プラットフォームはTNGAの第1弾モデルである現行型「プリウス」と同じだが、
    C-HRでは世界各地での走行テストを通して各部を独自にチューニング。コンセプトである
    「我が意の走り」を追求したという。デザインも同車の特徴で、エクステリアについてはスピード感あるキャビン
    形状や彫刻的な面造形、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディーと、大きく張り出したホイールフレアとの対比などにより、
    軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。一方、インテリアについてはメーターを中心とした
    操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できる“ドライバーズ空間”としている。
    パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類で、
    駆動方式は前者がFF、後者が4WD。JC08モード計測による燃費は、ハイブリッド車が30.2km/リッター、
    ターボ車が15.4km/リッターと公称されている。ラインナップはハイブリッド車が「S」と「G」、ターボ車が「S-T」「G-T」の全4グレード構成で、
    全車に運転支援システムの「Toyota Safety Sense P」を標準装備。
    上級グレードの「G」「G-T」には、18インチアルミホイールやLEDフロントフォグランプ、ブラインドスポットモニター、
    クリアランスソナー&バックソナー、上級ファブリックと本革による専用シート表皮などが採用されている。価格は以下の通り。

    S-T:251万6400円
    G-T:277万5600円
    S:264万6000円
    G:290万5200円


    http://www.webcg.net/articles/-/35617
    no title

    no title

    no title

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1481696286/

    【【クルマ】トヨタ、TNGA第2弾となるコンパクトSUV「C-HR」を発売】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2016/12/03(土) 16:35:10.68 ID:dfC4j0ns0
    最近はクルマの好きなユーザーを中心に、クロスオーバーSUVが人気を集めている。大径のタイヤを装着して外観がカッコ良く、ボディの上側はワゴンや
    5ドアハッチバックと同じ形状だから居住性も満足させやすい。荷室にはリアゲートが装着され、荷物の収納もしやすい。趣味性と実用性を両立させて人気を得た。

    SUV車はもともと悪路を走ることを考えたクルマで、タイヤのサイズも大きいが、今では一種のファッションになった。SUVだから走破力が高いとはいえず、
    駆動方式が2WDで、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が170mm以下の車種も増えた。少し背の高いワゴン&ハッチバックとなっている。

    その意味で注目される新型車が、2016年12月14日に発売されるトヨタ新型SUVのC-HRだろう。全長を4360mmに抑えて、3ナンバー車ではあるがSUV車ではコンパクトな部類に入る。

    C-HRを迎え撃つライバル車はホンダ ヴェゼル。全長を4300mm前後に抑えたコンパクトなSUVで、外観には存在感があり、ボディサイズの割に車内が広い。今回はこの2車種を比べる。

    http://carview.yahoo.co.jp/article/whichone/20161202-02000055-autocone/

    引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480750510/

    【トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      クルマ : 画像あり。(´・ω・`) : 1/10

      このページのトップヘ