今週の人気記事

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/02(火) 21:54:09.20 ID:x1KORWKS0 
    スズキ、新型 カタナ をケルンで発表 2019年春、欧州から発売

    スズキは10月2~7日の会期で、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」において、
    海外向け大型二輪車の新型『KATANA(カタナ)』を発表した。
    新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界の
    バイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデルだ。開発にあたって
    スズキのものづくりの精神と「KATANA」の歴史を背景に、「スズキらしさ」と「KATANAらしさ」を表現することに注力したという。
    長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な
    顔つきに仕上げた。
    「KATANA」にマッチした高揚感のある加速とストリート走行に適した扱いやすさを実現するため、『GSX-R1000』を
    ベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを軽量フレームの車体に搭載した。さらに、3段階から選択可能な
    トラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを
    装備した。
    新型KATANAは浜松工場で生産し、2019年春より欧州を中心に販売を開始する計画である。
    2日に開催された記者発表会において、鈴木俊宏社長は「おもしろい、楽しい、ワクワクする商品を、お客様の立場に
    なってつくるのが、スズキの役割であり、新型KATANAはそのスズキの将来を示す重要なモデルである。2021年までに、
    大型車を中心に10機種以上の新型モデルを投入し、シリーズ化と商品ラインアップの強化を図っていく」と述べた。

    新型KATANAの主要諸元
    ●全長:2125mm×全幅830mm×全高1110mm
    ホイールベース:1460mm
    ●装備重量:215kg
    ●エンジン型式:999cc水冷4サイクル直列4気筒エンジン
    最高出力:110kW/1万rpm
    最大トルク:108Nm/9500rpm

    no title

    no title

    https://response.jp/article/2018/10/02/314600.html

    3: 名無しさん 2018/10/02(火) 21:54:45.95 ID:EMJ2WPbf0
    俺の400刀から乗り換える時が来たか

    200: 名無しさん 2018/10/02(火) 22:31:44.00 ID:R5Q46Ox00
    >>3
    パチモンだろ400は

    529: 名無しさん 2018/10/03(水) 01:06:44.35 ID:cXtRwfmD0
    >>3
    小刀w

    4: 名無しさん 2018/10/02(火) 21:54:55.76 ID:OjBc5pAw0
    思ったよりカタナだった

    16: 名無しさん 2018/10/02(火) 21:57:46.47 ID:CHe1PRWd0
    >>4
    おしりが今風以外確かに思ったより刀だったw
    ★関連:スズキ、まさかの新型カタナ発表か? HPに謎の動画がアップされる
    http://gazou.2chblog.jp/archives/25906526.html
    【【バイク】新型カタナ発表される!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/07(金) 21:52:53.70 ID:HdiKkq+j0 

    3: 名無しさん 2018/09/07(金) 21:53:58.88 ID:HNjl1YkY0
    まじか!

    5: 名無しさん 2018/09/07(金) 21:54:14.87 ID:58djsz6e0
    今から研ぐのか

    21: 名無しさん 2018/09/07(金) 22:02:37.57 ID:pOH0SDpZ0
    >>5
    (*´艸`)フフッてなった

    43: 名無しさん 2018/09/07(金) 22:08:24.76 ID:+mRWhDM90
    >>5
    写真を見るとまだ地金に鋼を鍛接してるところだからなあ
    研ぐなんてまだまだ先の話

    50: 名無しさん 2018/09/07(金) 22:09:57.61 ID:1HITZXsX0
    >>5
    発表10月だから合わせてるんじゃね

    13: 名無しさん 2018/09/07(金) 21:57:12.74 ID:t0rh8RDb0
    no title

    606: 名無しさん 2018/09/09(日) 00:23:55.17 ID:QMsRRWmf0
    >>13
    りん!

    【スズキ、まさかの新型カタナ発表か? HPに謎の動画がアップされる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/07(土)19:29:56 ID:HKH
    250cc編

    3: 名無しさん 2018/07/07(土)19:31:09 ID:NoA
    Ninja

    4: 名無しさん 2018/07/07(土)19:31:28 ID:N7i
    CBR250

    5: 名無しさん 2018/07/07(土)19:32:32 ID:HKH
    第5位
    新しいストリートファイター系単気筒バイク
    no title
    250DUKE

    no title
    CB250R

    軽くて割と安くて燃費も良くて乗車姿勢も楽で何キロ走っても疲れない
    オンだけでなく未舗装路も走りやすい
    好みは分かれるデザインだが250ストファイはかなり初心者に優しい


    というわけで5位にランクイン

    6: 名無しさん 2018/07/07(土)19:35:13 ID:HKH
    第4位
    no title

    ホーネット250

    250cc4気筒というオーバースペック
    新車はもう乗らないし、価格も上がり気味だが、
    逆に言えば値段は上がり続けるので、手放す時に高く売れる。
    15000回転以上回るエンジン、カムギアトレーンという超豪華機構、クオーターマルチとしては比較的新しいということで 4位にランクイン

    8: 名無しさん 2018/07/07(土)19:36:26 ID:JQK
    >>6
    初心者向けじゃなくて草

    12: 名無しさん 2018/07/07(土)19:38:46 ID:HKH
    >>8
    教習車に比較的近いから...

    18: 名無しさん 2018/07/07(土)19:41:32 ID:JQK
    >>12
    似てる程度やろ
    音とか部品の事考えると初心者には早い気がするで

    【初心者にオススメのバイクランキグンwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/06/03(日) 17:16:07.38 ID:CkUSgBP20 
    すべてが高級なカブ スーパーカブC125も市販へ

    【HONDA SUPER CUB C125】

    大阪/東京モーターサイクルショーにて正式に市販予定車が展示されたホンダ「スーパーカブ C125」だが、本誌では発売時期は今年の9月ごろ、価格は40万円ほどになると予想する。

    no title

    http://mc-web.jp/topics/3016/
    ★関連:【バイク】デザイン一新! 「ホンダ・クロスカブ」がフルモデルチェンジ
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22011161.html
    【スーパーカブ 新商品発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/24(火) 22:47:08.52 ID:XEg8Tst80
     中国メディア・東方網は20日、「日本の1990年代バイクに、国産バイクはなおも追いつけていない」とし、日本メーカーのあるバイクについて「レジェンド」と紹介する記事を掲載した。

     記事が紹介したのは、スズキのGS125である。「中国の至るところで、GS125の姿を見かけることができる。どの村にもあり、さまざまな階層で活躍しているのだ」とした。そして、「1990年代のGS125を現在の視点から評するならば、外見は3流、運転性能は2流だが、信頼性は一流だ。抜群の信頼性がGS125をクラシック中のクラシックに、そしてレジェンドにしたのだ」と伝えている。

     また、「見た目は実に平凡で、知らない人が見れば取るに足らないバイクだと感じるかもしれない。しかし、材料や加工の面において、この車は少なくともわれわれの30年は先を行っていたのだ」と説明した。

     そして、「極めて軽いクラッチ、ゆとりのあるギア比、座り心地の良さ、ストロークの長いダンパー、そして、小気味のいいエンジン音が名車たる所以だ。そして、アルミニウム合金などの材料の質に対する極致の追求、シンプルなメカ設計、低圧縮比のエンジン、低摩擦、低摩耗な設計が、高い信頼性を支えているのである」と紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
    0001_R
    http://news.searchina.net/id/1657966?page=1
    【90年代に活躍した日本のバイク、中国はいまだにコレを抜くバイクを作れない!=中国メディア 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/23(月) 13:24:41.66 ID:CAP_USER9
    no title


    従来の50ccモデル「モンキー」の魅力はそのまま

     ホンダは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を2018年7月12日(木)に発売すると発表しました。

     ホンダは「モンキー125」の開発にあたって、楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”をコンセプトに定めました。

     従来の50ccモデル「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとしています。
     
     スタイリングは、前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用。また、趣味性の高いモデルとして、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバーなどをクローム仕上げとしています。

     エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、市街地で多用する回転域では力強く、ツーリング走行ではスムーズさを楽しめる出力特性としています。

     車体は、しなやかさと剛性を兼ね備えたバックボーンフレームを採用。シートレールは剛性を確保しながら、デザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状としています。

     脚まわりには、バネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度を確保した専用設計のスイングアームを採用しています。

     ブレーキは、制動フィーリングに優れた前・後ディスクを採用。フロントのみABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)を装着したタイプを設定。タイヤは12インチのブロックパターンタイプを装着しレジャー感を演出。高密度ウレタンを採用したクッション性の良いシートの採用などとあいまって、快適な乗り心地を確保するとともに、剛性感としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールを実現したといいます。

     主体色には、情熱を表現するパールネビュラレッドと、若々しさを表現したバナナイエローの2色を設定し、コンパクトな車体の存在感を高めています。また、燃料タンクを主体色とホワイトのツートーンとしています。

    「モンキー125」の販売計画台数(国内・年間)は3200台といい、価格(消費税込)は39万9600円から43万2000円です。

    :4/23(月) 13:20
    くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00010002-kurumans-bus_all
    【【バイク】ホンダ「モンキー」が復活!50ccから125ccにパワーアップ新型「モンキー125」 7月12日発売 お値段39万9600円~ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/25(日) 16:24:18.85 ID:75THwnlT0 
     惜しまれつつ生産が終了したホンダの原付きバイク「モンキー」が2回り大きくなって帰ってくる。
    23日から始まった東京モーターサイクルショーで、ホンダは「モンキー125」を披露。
    登壇したホンダの二輪販売会社の加藤千明社長は「ホンダのアイコンモデル。販売を決定した」と宣言した。夏前にも発売するとみられる。

     排ガス規制の強化で2017年8月、生産50周年の節目の年に生産を終えたモンキー。
    だが、根強いファンも多いことから、ホンダは同年の東京モーターショーに125ccの「グロム」をベースに参考出展し、「反応をみて販売を検討する」としていた。

     そのもくろみ通りということか。「復活」を望む声が多くよせられたといい、今回は「市販予定車」として展示されている。夏前にも発売するとみられる。
    まだ詳細は決まっておらず、細部などは変更が加えられる可能性があるが、色は東京モーターショーで展示された黄色ベースと、今回の赤ベースの2色が基本になる予定という。

     展示されたモンキーは触れることもできる。50ccと比べると2回りは大きくなり骨太感がある。
    シートも高く、身長172センチの記者がまたがっても目線の高さは立っている時とほぼ変わらない。会場では「思ったよりでかいな」「やったな」などと口にしながらファンが取り囲んでいた。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3R4DP1L3RUEHF00B.html?iref=sptop_8_04
    no title

    no title

    no title

    no title
    ★関連:【バイク】50年の歴史に幕 「ホンダ・モンキー」の最終モデル発売
    http://gazou.2chblog.jp/archives/16695737.html
    【HONDA モンキー125 今夏発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 名無しさん 2018/02/05(月) 18:12:18.36 ID:CAP_USER9
    本田技研工業は2018年2月5日、レジャー二輪「クロスカブ110」をフルモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに設定し、同年2月23日に発売すると発表した。

    ■新たに50ccモデルを設定

    クロスカブ110は今回、エクステリアデザインを一新。レッグシールドを廃止したほか、LEDヘッドライトを囲むガードやスリット入りマフラーガード、マットブラック塗装のホイールリムにセミブロックタイプのタイヤを採用するなどして、従来型よりも堅牢(けんろう)な雰囲気を高めている。

    また、新たにタンデムステップを装備し、2人乗りに対応した。

    エンジンは「スーパーカブ110」と同じ、最高出力8psと最大トルク8.5Nmを発生する109cc空冷4ストローク単気筒を採用する。

    ボディーカラーは「パールシャイニングイエロー」「マグナレッド」「カムフラージュグリーン」の全3色展開となる。

    新たに設定されたクロスカブ50は、クロスカブ110に準ずるスタイリングに、小径14インチタイヤと足つき性を考慮した形状のシートを採用することで、より身近でフレンドリーなモデルとしている。

    パワーユニットには「スーパーカブ50」と同じ、3.7psと3.8Nmを発生する49cc空冷4ストローク単気筒エンジンを採用。

    ボディーカラーは「マグナレッド」と「クラシカルホワイト」の2色を用意する。

    価格はクロスカブ110が33万4800円、クロスカブ50が29万1600円。(webCG)

    2018.02.05
    http://www.webcg.net/articles/-/38197

    クロスカブ110
    no title

    no title

    no title

    クロスカブ50
    no title

    no title
    ★関連:ホンダ 新型スーパーカブ発売へ カタログ上の燃費は110km/Lという驚くべき数値
    http://gazou.2chblog.jp/archives/19529195.html
    【【バイク】デザイン一新! 「ホンダ・クロスカブ」がフルモデルチェンジ 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      バイク : 画像あり。(´・ω・`) : 1/17

      このページのトップヘ