今週の人気記事

    クルマ

    1: 名無しさん 2018/04/24(火) 10:42:52.52 ID:nXPR/sa60
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    メルセデスマイバッハ のSUV、最終ティーザー…北京モーターショー2018で発表へ

    メルセデスベンツが4月25日、中国で開幕する北京モーターショー2018でワールドプレミアする予定の『ビジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメート・ラグジュアリー』。同車に関して、最終ティザーイメージが公開された。

    https://response.jp/article/2018/04/23/308901.html
    【【画像】メルセデスベンツ、最上級のマイバッハ・ラグジュアリーSUVを北京で発表 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/20(金) 21:48:10.98 ID:15yNL3w00 
    ホンダは4月20日、今夏発表を予定している新型軽キャブバン『N-VAN(エヌ バン)』に関する情報をホームページで先行公開した。

    N-VANは、「N」シリーズのラインアップに追加する、新スタイルの軽貨物車だ。ティザーサイトでは全体のシルエットと特徴的な内部写真が公開。
    働く人の毎日を豊かな時間に変えるため、荷物の積み降ろしや運搬をサポートする、様々な新発想の機能が備わっているという。

    リアシートに加え、助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。「N」シリーズならではの低床フロアと相まって、
    助手席からテールゲートにかけて広がるフラットな空間が新たな積載スペースを生み出し、大容量の荷室を実現している。
    さらに、軽バン初の助手席側ピラーレスを採用することで、「ダブルビッグ大開口」を実現。テールゲートと合わせて2つの動線を使えることで、積み降ろしの効率が劇的に変わるという。

    さらに安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備し、働く人に安心・快適な運転環境を提供する。

    ホームページでは、N-VANに関する情報を順次公開していく。

    https://response.jp/article/2018/04/20/308791.html
    no title

    no title

    no title

    【ホンダN-VANきたーー!!完全フルフラットで車中泊最高な車! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/17(火) 20:50:09.21 ID:yd7PBSmB0
    フェンス破り車転落 2人重軽傷|NHK 北九州のニュース
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20180415/5020000304.html

    14日夕方、北九州市八幡西区で、軽乗用車が飲食店の駐車場のフェンスを突き破り、およそ5メートル下ある駐車場に止めてあった車の上に転落し、軽乗用車に乗っていた高齢の女性2人が重軽傷を負いました。

    14日午後6時ころ、北九州市八幡西区千代ヶ崎の飲食店の駐車場から、軽乗用車がフェンスを突き破り、およそ5メートル下の本屋の駐車場に止めてあった車の上に転落しました。

    警察によりますと、軽乗用車を運転していた81歳の女性が頭を打つ軽いけがをし、後部座席に座っていた同じく81歳の女性が手首の骨を折るなどの大けがをしました。

    下敷きになった車は後ろの部分が大きく潰れ、この車の隣に止めてあった別の車も一部が壊れましたが、いずれの車も人は乗っていませんでした。

    警察は、軽乗用車を運転していた81歳の女性から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

    no title

    no title
    ★関連:【富山】トヨタ2000GT大破訴訟 「半額」で県と和解へ
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22747085.html
    【【悲報】ケンメリGT-Rがたぶん全損 屋根に軽自動車が落下 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/15(日) 12:43:50.05 ID:Mq83Elne0
    最強のオフローダーとしての呼び声も高く、その存在への賛辞はなりやまないスズキ・ジムニー。
    さらに夏には新型も噂されているだけに今後の展開にも期待してしまうのは致し方ない。
    そんな業界的にジムニーの話題が多い今日この頃、30年前のジムニーが新車で買えるという情報が舞い込んできた。

    しかもインド生まれで大人4人が乗れるという。しかもリーフサスだっていうじゃないですか!! そんな奇跡のようなジムニーに迫ります。

    ジムニーといえば軽自動車という限られた枠ながら、ラダーフレームを採用した本格派オフローダーとして、多くのクルマ好きもその性能は認めるところ。そんなジムニーも20年近いモデルライフを終えて、今夏に新型のデビューが予測されている。

    顔は懐かしいあの頃のジムニーだ。しかしハイルーフになっていること、リアウィンドウの大きさなど、そのたたずまいは一般的なジムニーと異なっている

    JB23型という現行型は3代目にあたるジムニーだが、その快存在意義は大きいものがあった。
    3代目は、実用性一辺倒だったかつてのジムニーに不足していた「日常性」も加えたモデル。
    コイルサスペンションを採用し、舗装路での乗り味も我慢が必要なくなったモデルだった。

    しかしジムニー愛好家のなかにはリーフサスペンションの乗り味が好きな人も多かったり、メンテナンスやカスタムをしやすいことからリーフサスのモデルを愛用している層も多い。

    幸運なことにスズキは部品の生産を長年続けてくれるメーカーで、リーフサスのジムニーでも、いまだに純正部品をディーラーで買うことはできる。

    ジプシーのリアスタイルは非常に独特。まるで一斤の食パンのような姿は一度見ると目に焼き付く

    ただ願っても叶わないのが新車のリーフサスのジムニーを買うこと。衝突安全や排ガス性能などで過去のクルマを生産することはできないし、レストアしていくしかないのだ。

    しかし神奈川県厚木市にあるジムニーのエキスパートショップ、「RV4 WILD GOOSE」社長の二階堂裕さんがそんな夢を叶えてくれそうだ。

    写真の「ジプシー」というモデルを10台だけ販売するという。ご覧のとおり”顔”は紛いのないジムニーなのだが、なんだか姿がおかしい。いったいこのクルマはなにものだ!? 二階堂さんに話を聞いた。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180415-10301817-carview/
    no title

    no title

    no title

    続きます
    【最強のオフロード車 30年前の型のジムニーがまさかの新車販売 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/10(火) 16:28:16.22 ID:UmaBJHpj0
    no title

    no title

    2: 名無しさん 2018/04/10(火) 16:28:41.42 ID:UmaBJHpj0
    あのフェラーリが神聖な土俵に上がったワケ 創業70年の名門メーカーが日本に見出す商機
    2017年10月22日
    https://toyokeizai.net/articles/-/194059

    4: 名無しさん 2018/04/10(火) 16:29:05.43 ID:kEUAhCvhp
    3億くらいやっけ?

    10: 名無しさん 2018/04/10(火) 16:30:24.63 ID:UmaBJHpj0
    なおイタリア語で車は女性名詞な模様

    11: 名無しさん 2018/04/10(火) 16:30:32.05 ID:h37p3n8w0
    どうやって乗せたんだ?

    【フェラーリ自動車さん、相撲の土俵に上がってしまう 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/03/23(金) 22:45:46.44 ID:RPVM/Kw80
    新型クラウンのフルモデルチェンジ発売が2018年6月上旬にスケジュールされている。
    これまでのロイヤル、アスリート、マジェスタの3タイプのボディ設定は一本化されることになり、コンセプトで示されたスポーティなエクステリアの1タイプのみでグレードラインアップが構成される。
    ロングボディのマジェスタを後継するものは廃止となりそうである。
    レベル2自動運転に相当する第2世代セーフティセンスは全車標準装備となる見込み。
    パワートレインは従来型8AR-FTS 2.0Lターボと、新世代ダイナミックフォースエンジンの2.5Lハイブリッド&10速ATの2本立てとなることが予想される。

    https://car-research.jp/tag/crown
    no title
    ★関連:新型クラウンが歴史的に見ても最高レベルでかっこいいwwwww
    http://gazou.2chblog.jp/archives/19763547.html
    【新型クラウン6月発売、ロイヤル、アスリート、マジェスタを一本化 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/03/23(金) 16:35:28.90 ID:IPT/YgQp0 
    トヨタ自動車は、ニューヨーク国際自動車ショー(現地時間3月30日~4月8日開催)で米国仕様の新型「カローラ ハッチバック」を初公開する。

     これまで米国で「カローラ iM」として販売されていたモデルの後継となり、2018年夏に「カローラ ハッチバック」として発売。また、日本では2018年初夏からトヨタカローラ店を通じて販売が開始される予定。

    新しいカローラ ハッチバックはボディサイズが4370×1790×1435mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースが2640mm。
    プラットフォームにTNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-Cプラットフォーム」を用い、パワートレーンにも2月26日に発表した「TNGAで一新した新開発パワートレーン」を採用。

     エンジンは新型の直列4気筒2.0リッター直噴「Dynamic Force Engine(2.0L)」となり、これに発進用ギヤを採用する世界初の新型CVTとなった「Direct Shift-CVT」、
    または変速時のショックを低減する「iMT(intelligent Manual Transmission)制御」を採用する新型6速MTを組み合わせる。
    これらによって燃費・環境性能に優れ、スムーズで力強い走りを実現するという。

     足まわりではフロントサスペンションにマクファーソンストラット、リアサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用。
    ジオメトリーの改善や構成部品の性能向上、現行モデルから20mm低くなる重心高などの効果で上質なステアリング操作感と乗り心地、操縦安定性の向上などを手に入れる。

    トヨタ、日本で初夏発売の新型「カローラ ハッチバック」ニューヨークショーで初公開
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1113203.html
    no title

    no title

    no title
    【トヨタ新型「カローラ ハッチバック」初公開キタ━━(゚∀゚)━━!! かっけぇえええ!!!! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/03/20(火) 19:34:45.72 ID:by4PIbTZ0 
    フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは3月20日、約8年ぶりに全面改良した『ポロ』を発売した。
    VWグループのモジュラー戦略であるMQBの採用で室内空間を拡大するとともに、デザインも一新したのが特徴。価格は209万8000~265万円。

    VWジャパンのティル・シェア社長は同日都内で開いた発表会で「MQBの採用によって快適性やデザイン、
    コネクティビティなどすべてにおいて大きな進化を遂げた。ここ日本においても新型ポロはクラスを超えた新しいベンチマークになると確信している」と述べた。

    no title

    no title

    no title
    https://response.jp/article/2018/03/20/307465.html?from=tprt
    【新型VWポロ ついに3ナンバーに しかもダサくなる 先代はよかったのになー 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ