今週の人気記事

    クルマ

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 13:40:49.02 ID:BIBCRRaF0 
    スズキ ジムニーがいよいよフルモデルチェンジ
    スズキは、軽自動車「ジムニー」と乗用車「ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデルチェンジし、2018年7月に発売する。発売に先立ち、
    新型ジムニーのティザーサイトが公開された。

    今回公開された4代目となる新型ジムニー/ジムニーシエラは、歴代ジムニーのDNAを継承しつつ、最新のテクノロジーも注ぎ込まれた。

    これまで以上に頑丈なラダーフレーム構造にエンジンを縦置きしたFRレイアウトを引き続き採用。副変速機付きパートタイム4WDや
    3リンクリジッドサスペンションも健在だ。

    一方で、最新のテクノロジーとして、単眼カメラとレーザーレーダーで危険を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」
    が搭載されたのは大きなニュースだ。
    ジムニーとしては初の自動ブレーキ採用で、予防安全性能はグンと上がった。

    https://autoc-one.jp/news/5002267/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    ★関連:新型ジムニーがついに登場!
    http://gazou.2chblog.jp/archives/24360324.html
    【【画像】スズキ、ジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジ!2018年7月発売 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/17(日)21:01:16 ID:Wpd
    トヨタ勢初勝利まであと60分を切りました
    no title

    14: 名無しさん 2018/06/17(日)21:11:10 ID:Gby
    no title

    26: 名無しさん 2018/06/17(日)21:12:06 ID:aJV
    >>14
    やめてクレメンス

    34: 名無しさん 2018/06/17(日)21:13:08 ID:sYV
    >>14
    もうおとなしくして、どうぞ

    16: 名無しさん 2018/06/17(日)21:11:18 ID:rSH
    そろそろNoPowerいいっすか?

    21: 名無しさん 2018/06/17(日)21:11:41 ID:Wpd
    >>16
    ノーパワー一回やったしもうええやろ

    33: 名無しさん 2018/06/17(日)21:13:06 ID:INE
    ノーパワーやなくてレギュ違反がワイの本命やから、1円かけるわ

    36: 名無しさん 2018/06/17(日)21:14:07 ID:aJV
    平成最後のルマンを制するのはトヨタやああああ

    【【実況】ル・マン24時間耐久レース Final stint】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/16(土) 21:19:05.95 ID:jPj3Gxq50 BE:844481327-PLT(12345)
    トヨタ自動車は16日、フランス伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間などに参戦しているレース専用車をベースにしたスーパーカーを開発し、市販すると発表した。時期は未定。

    レース車を生かした試作車「GRスーパースポーツコンセプト」を改良する。これまで市販はしないとしていた。

    友山茂樹副社長は「レーシングカーから(市販の)スーパースポーツカーを造るのは、トヨタにとって全く新しい挑戦だ」とのコメントを発表した。

    https://www.sankei.com/economy/news/180616/ecn1806160020-n1.html
    GRスーパースポーツコンセプト
    no title
    ★関連:トヨタ「これが次世代のスーパースポーツカーだ!」 試作車を世界初公開
    http://gazou.2chblog.jp/archives/21501199.html
    【トヨタがスーパーカーを市販すると発表 ベースはルマン参戦のレーシングカー 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/15(金) 21:30:54.80 ID:jThp2NXY0
    栃木県では逃げられません R35型GT-Rパトカー贈呈式に県外からもマニア

     栃木県警が導入した日産自動車の高級スポーツカー「R35型GT-R」のパトカーが15日、宇都宮市の栃木県庁で披露された。
    県警に「交通事故抑止対策に役立ててほしい」との寄付の申し出があり、この日の「栃木県民の日」に合わせて寄贈式が開かれた。

     県庁本庁舎の玄関前での寄贈式では、寄付した栃木市の会社社長、中村和男さん(64)からレプリカキーが福田富一知事に贈られ、
    坂口拓也県警本部長は「関係者に深く感謝し、事故抑止のため最大限活用したい」と述べた。

     県警高速隊に配備され、同隊は「高速道路での危険なあおり運転や悪質なスピード違反は大きな問題。最新車両を有効に使いたい。抑止効果は高い」と意気込む。
    パトロールやイベントでの展示で活用する方針。高性能な最新車種の配備に隊員の期待も大きい。

     県警は詳細な性能を明らかにしていないが、R35型GT-Rは3・8リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高時速は300キロ以上とされる。
    日産自動車が誇る最新モデルの車種で、生産拠点は同県上三川(かみのかわ)町の栃木工場。

     この日の寄贈式には県外からもスポーツカーマニアが訪れた。
    東京都江東区の男性会社員(40)は「栃木県警は日産フェアレディZやホンダNSXもあり、注目している。今回は若い人向けの斬新なデザイン」と盛んにカメラのレンズを向け、
    東京都足立区の男性会社員(38)も「会社を休んで見に来た。栃木県警は高級車の宝庫。車体の低いところが格好良い」と話していた。

     16日午前10時~正午、県庁で開かれる県民の日のイベントでも展示される。

    no title

    https://www.sankei.com/life/news/180615/lif1806150021-n1.html
    【栃木県警が導入した日産自動車の高級スポーツカー「R35型GT-R」のパトカー、栃木県庁でお披露目 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/10(日) 15:29:36.22 ID:b9aj0JDi0 
    組み立てキット
    軽トラをキャンピングカーに 40万円台

    Kトラハウスの試作車
    no title

    Kトラハウスの組み立て方
    no title


    軽トラックの荷台に設置する簡易ハウス(キャンピングシェル)の組み立てキットを、大阪のベンチャー企業が開発した。
    商品名と同じ「Kトラハウス」(大阪府大東市)が企画・設計したもので、40万円台の価格で7月の販売開始を目指している。

    同社によると、居住スペースとなるシェル部分は大人2人が快適に過ごせる広さだ。
    レジャー用のほか、小さなオフィスやキッチンカー、震災時の避難用シェルターにもなり、寝泊まりできる設備を備えた「キャンピングカー」ならではの用途が想定される。

    組み立てキットには解説動画が用意され、専門的な知識や技能がなくても3日で完成するという。
    シェルの外装デザインは公募したものを使用し、7月21、22日に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開かれる「東京キャンピングカーショー2018」に出展を予定している。

    Kトラハウスの柳生眞喜男社長は「軽トラックは維持費も安く、小回りがきくので狭い路地や山道でも運転が楽。
    車とシェルが簡単に分離できる工夫も凝らした。
    DIY(Do It Yourself=自分自身でする)経験者なら組み立ては簡単で、内装はホームセンターで材料を購入すれば自分好みにできる」と話している。【高橋望】

    https://mainichi.jp/articles/20180609/k00/00e/020/298000c
    ★関連:【ゆる募】キャンピングカーに自信ニキ
    http://gazou.2chblog.jp/archives/22213181.html
    【軽トラの荷台に自分で設置してキャンピングカーにするDIYキット「Kトラハウス」販売へ 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:32:59.02 0
    no title

    no title

    no title

    no title


    どうなの?

    3: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:34:44.81 0
    軽なの?

    4: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:35:27.27 0
    おk

    5: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:36:55.48 0
    細かいトコ見ると色々ダサいけど社外パーツでどうにかなりそうだな
    方向性は間違ってない

    7: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:39:59.91 0
    改造するためのペース車だな
    グリルからミラーから全部換えないと駄目だわw

    8: 名無しさん 2018/06/07(木) 20:40:36.77 0
    シエラも出るのかな
    ★関連:スズキ 新型ジムニー 港湾でスクープされる
    http://gazou.2chblog.jp/archives/24204224.html
    【新型ジムニーがついに登場! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/06(水) 17:23:38.94 ID:CAP_USER
    no title

    メルセデス・ベンツ日本は2018年6月6日、フルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツGクラス」を発表し、同日より受注を開始した。顧客への納車は8月下旬以降となる見込み。

    1979年の登場以来、約40年にわたり最高級クロスカントリービークルとして君臨してきたメルセデス・ベンツGクラスが、ついに新型に生まれ変わった。

    新型のエクステリアは、スクエアなフォルムや丸形のヘッドライト、張り出したフェンダー、フロントフェンダー上に設置されるウインカーなど、従来型の特徴を受け継ぐことで、ひと目でGクラスとわかるデザインに仕上がっている。その一方で、フロント/サイドのウィンドウを曲面としたり、LEDライトを採用したりすることで、モダンなクルマへと生まれ変わった。

    乗用車ベースのSUVとは異なり、基本構造には旧型と同様にラダーフレームを採用。サスペンションは、フロントが独立懸架のダブルウイッシュボーン、リアは新設計のリジッドアクスルとした。ステアリングは、従来のボール循環式から電動アシストのラック&ピニオン式に変更することで、ドライビングフィールを向上させるとともに、運転支援システムへの対応を図った。走破性を示す数値は、登坂能力が最大100%(45度)、前後アクスル間最低地上高が24.1mm、デパーチャーアングルが30度、アプローチアングルが31度、ランプブレークオーバーアングルが26度など、従来と同等、またはそれを上回る性能を手に入れている。

    ボディーサイズは、全長が53mm増の4817mm、全幅は64mm増の1931mmと拡大しているが、フェンダー、ボンネット、ドアをアルミニウム製とし、また、高張力/超高張力鋼板を用いることなどで約170kgの軽量化を実現。それでいながら、フレーム/ボディーシェルのねじり剛性は約55%向上しているという。

    G550:1562万円
    メルセデスAMG G63:2035万円
    http://www.webcg.net/articles/-/38894
    ★関連:【自動車】メルセデス、セレブに人気のSUV「Gクラス」を販売以来初めて刷新
    http://gazou.2chblog.jp/archives/21745781.html
    【【自動車】 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売。40年目でのフルモデルチェンジ 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/04(月) 09:19:13.26 ID:MebYeAnE0 
    ファミリーカーなのに気軽にお出かけできないミニバンもある
    最近は再びガソリンの価格がじわじわと上昇し始めている。もちろんクルマ好きの皆さんなら「楽しいクルマなら燃費なんて関係ない」
    と言うかもしれないが、やはり燃費が悪いのはおサイフに優しくないもの。そこで今回は燃費の悪かった国産車について振り返ってみたい。

    1)ユーノス・コスモ
    マツダが誇るロータリーエンジンを搭載する車種の中でも、唯一市販車で3ローターの20Bエンジンを搭載していたのがこのユーノス・コスモだ。
    デビュー当時のカタログ燃費でも6.1km/Lのハイオク仕様となかなかパンチの効いた数値を叩き出していた(といっても13B搭載モデルでも
    6.9km/Lとそれほど大差はない)。
    no title


    2)日産エルグランド
    一時代を築いた「キングオブミニバン」のエルグランドは燃費の悪さでもキングの風格だった。現行モデルこそ3.5リッターでも
    10km/L近いカタログ値となっているが、先代の3.5リッター4WDでは7.8km/L、初代に至っては7.0km/L(もちろんハイオク仕様)と
    ファミリカーとしてガンガン使うのに躊躇してしまうほどだった。

    3)スズキ・ジムニー
    ギヤ比も悪路走行を見越してややローギヤードであり、カタログ燃費で14.8km/L(5速MT)、実用燃費では10km/Lを割り込むと言われている。
    no title


    4)日産サファリ
    no title


    5)スバルWRX STI
    もはや絶滅危惧種となってしまった8000rpmを許容する2リッターターボを搭載するスポーツセダンであるWRX STI。カタログ燃費も
    9.4km/Lと性能を考えればむしろ良いと思えるほどの数値となっている。しかし、ひとたびエンジンにムチを入れ、限界走行をするとなれば、
    その牙はおサイフにも容赦なく襲い掛かってくるというわけだ。

    https://www.webcartop.jp/2018/06/242358
    【カタログ燃費がリッター5.5kmの猛者も! あまりに燃費が悪すぎた国産車5選 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      クルマ : 画像あり。(´・ω・`) : 1/514

      このページのトップヘ