今週の人気記事

    ニュース

    1: 名無しさん 2018/06/20(水) 11:57:29.87 ID:CVpe8TGu0 
    フォトショ加工じゃないマカオの写真
    no title

    日本カジノに1兆円検討のメルコ、マカオで豪華IRホテル開業
    https://forbesjapan.com/articles/detail/21639

    5: 名無しさん 2018/06/20(水) 11:58:22.61 ID:bNGwSxkF0
    バビロンプロジェクト

    6: 名無しさん 2018/06/20(水) 11:58:28.71 ID:ZWO6lwSz0
    わくわくする画像

    7: 名無しさん 2018/06/20(水) 11:58:49.35 ID:CVpe8TGu0
    グランドリスボアホテル
    no title

    27: 名無しさん 2018/06/20(水) 12:02:00.31 ID:IRZLzu7C0
    >>7
    ジークジオン!

    136: 名無しさん 2018/06/20(水) 12:36:54.00 ID:IGl413Bd0
    >>7
    \(^o^)/


    【【画像】最新のマカオの写真がヤバイと話題にwwwwⅴw 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/20(水) 23:17:22.62 ID:hBg1uvn00
    熊本城の櫓倒壊=雨の影響か
    6/20(水) 21:46配信

    時事通信
    熊本市は20日、熊本地震で傾くなどの被害が出た熊本城の元太鼓櫓(やぐら)が倒壊したと発表した。
    前日からの大雨の影響とみられる。周辺は震災後、立ち入り規制されており、けが人はいなかった。
    元太鼓櫓は2003年度に復元された木造の櫓。倒壊の危険があったため今年8月以降の解体復旧が予定されていた。
    市は当初の予定通り作業を進める。
    熊本城総合事務所によると、倒壊が確認されたのは20日午後5時ごろ。
    約1時間半前に市職員が確認した際は倒れていなかった。 
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000136-jij-soci 

    2: 名無しさん 2018/06/20(水) 23:18:31.14 ID:7FMOYu1C0
    開き直って完全新築したらええ

    4: 名無しさん 2018/06/20(水) 23:19:11.07 ID:ZgCOMYLG0
    >>2
    エレベーター付きで頼む

    36: 名無しさん 2018/06/20(水) 23:33:37.46 ID:2/ZcR1l00
    >>2
    エアコンも付けて。夏暑いから

    9: 名無しさん 2018/06/20(水) 23:21:31.36 ID:dIJdwANZ0
    くまもん城にしよう(提案)

    【【ついに】 熊本城、落城 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:43:03.13 ID:LwFpuAtea
    0001_R

    0002_R

    根室本線
    日高本線
    札沼線
    留萌本線
    が一気に廃線
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000003-htbv-hok 

    2: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:43:23.44 ID:YvKlC7sY0
    うっそやろ・・・

    7: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:44:13.41 ID:Hn92fxRl0
    どうせ元から誰も使ってないんやろ

    8: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:44:17.05 ID:0wGZve7i0
    そら維持しても収益でんやろ
    長年頑張っとったが

    4: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:43:50.38 ID:iY06PKOG0
    いいぞ 
    そのまま北海道新幹線も廃線にしろ

    6: 名無しさん 2018/06/18(月) 00:44:11.36 ID:YvKlC7sY0
    >>4 
    確かにお荷物になってそうやな

    【【悲報】JR北海道さん、逝く 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:38:30.84 ID:CAP_USER9
    サッカー日本代表がワールドカップ・ロシア大会の初戦でコロンビアに勝利したことを受け、東京・渋谷のスクランブルの交差点には興奮した若者が殺到。“ニッポン“コールを叫び続けており、試合終了から1時間近くが経った今も混乱が続いている。
    0001_R
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00010035-abema-soci


    4: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:39:32.55 ID:KM7Qlco90
    こういう人たちに育たなくてよかった

    6: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:39:38.04 ID:T0SSfwh10
    わっちょい^^

    7: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:39:38.17 ID:yAV/IrQ10
    AA あたまがふっとーしちゃうよ

    9: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:39:47.83 ID:aQyASwSY0
    外人がイッパイ混じってるぞ
    やはり騒ぎたいだけの連中か

    14: 名無しさん 2018/06/19(火) 23:40:34.63 ID:fiQ/05++0
    >>9
    外人さんは賑やかなの好きね~

    【【サッカー】日本代表の勝利に渋谷が沸騰中 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 16:51:11.01 ID:iXkBZnRN0 
    南海トラフ地震の前に発生する内陸地震に警戒必要 
    注目エリアは近畿、中部 専門家対策呼びかけ
    2018.5.12 08:18更新

    東日本大震災から7年、南海トラフ巨大地震の発生が迫っているといわれる中、
    近畿や関東での内陸地震が懸念されている。「地震の見方」について、
    東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)に聞いた。

    地震は地域の特徴を踏まえて対策を考える必要があります。

    4月9日にマグニチュード(M)6・1の島根県西部地震が起きましたが、
    山口~出雲は地震帯があり、震度5~6の地震は頻繁に起きます。
    山陰は、大きな活断層は見つかってませんが、隠れた活断層(伏在断層)も考えられ、
    最大で平成12年の鳥取県西部地震(M7・3)規模の可能性はあります。
    中国から京都北部にかけては要警戒地域です。

    (中略)

    no title


    いつ地震が起きるのかという予知はできませんが、少なくとも近畿、中部は
    活断層密集地でありながら、近年大地震が起きておらず、要注意です。

    大地震の前には活断層近辺で地震活動が活発化する傾向があります。
    小規模の地震が起きている所に、日ごろから注意を払うことが大切です。

    私は、近畿では山崎断層、大阪北部、京都府南部、和歌山の地震に注目しています。
    耐震化を施すなど、突然の揺れからどう命を守るかを心がけてほしいと思います。

    http://www.sankei.com/west/news/180512/wst1805120016-n1.html
    ★関連:【大阪北部地震】 震源は「有馬―高槻断層帯」東端近く 過去にM7.5の「慶長伏見大地震」 気象庁会見
    http://gazou.2chblog.jp/archives/24536079.html
    【1ヶ月前の東北大教授「南海トラフ巨大地震の前に大阪北部で起きる地震に注目している」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 13:40:49.02 ID:BIBCRRaF0 
    スズキ ジムニーがいよいよフルモデルチェンジ
    スズキは、軽自動車「ジムニー」と乗用車「ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデルチェンジし、2018年7月に発売する。発売に先立ち、
    新型ジムニーのティザーサイトが公開された。

    今回公開された4代目となる新型ジムニー/ジムニーシエラは、歴代ジムニーのDNAを継承しつつ、最新のテクノロジーも注ぎ込まれた。

    これまで以上に頑丈なラダーフレーム構造にエンジンを縦置きしたFRレイアウトを引き続き採用。副変速機付きパートタイム4WDや
    3リンクリジッドサスペンションも健在だ。

    一方で、最新のテクノロジーとして、単眼カメラとレーザーレーダーで危険を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」
    が搭載されたのは大きなニュースだ。
    ジムニーとしては初の自動ブレーキ採用で、予防安全性能はグンと上がった。

    https://autoc-one.jp/news/5002267/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    ★関連:新型ジムニーがついに登場!
    http://gazou.2chblog.jp/archives/24360324.html
    【【画像】スズキ、ジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジ!2018年7月発売 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 11:06:41.82 ID:CAP_USER9
    気象庁は18日、同日朝に大阪府北部で震度6弱を観測した地震について、
    「有馬―高槻断層帯のごく近くで発生した」と説明した。
    記者会見した松森敏幸・地震津波監視課長は「同断層帯が活発化するか分からないが、
    周辺で平常時より地震活動が活発になっている」として、引き続き揺れに警戒するように述べた。

     発生が警戒されている南海トラフ地震との関係については」
    「陸のプレート内部で起きた地震で規模自体があまり大きくなく、
    直接影響を与えているとは考えにくい」と否定的な見方を示した。

     気象庁によると、今回の地震の震源は大阪平野から六甲山地に延びる有馬―高槻断層帯の東端近く。
    松森課長は「今回の場所ではこれまであまり地震が多く発生しておらず、今回の地震はかなり珍しい」と指摘したが、
    同断層との関係については「今回が断層帯の一部なのか、活断層として動いたのかは現時点では分からない」と明言を避けた。

     発生原因についても「東西方向から押される力によるか、断層が上下にずれる『逆断層型』かは今後解析しないと分からない」と述べた。

     同断層帯では1596年にマグニチュード(M)7.5とされる「慶長伏見大地震」が発生した。
    政府の地震調査委員会は、
    同断層帯について、30年以内の地震発生確率を「0.1%未満」としている。

     有馬―高槻断層帯の西に延びる「六甲・淡路島断層帯」では1995年1月17日に、
    M7.3の「阪神大震災」が発生しているが、松森課長は「阪神大震災とは関係ない」と述べた。

     大阪府内で大きな揺れを引き起こす恐れがあるとして警戒されている
    上町や生駒などの断層帯との関係についても「10キロ以上離れており、関係ないと思う」と述べた。

    no title

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31888070Y8A610C1CR0000/
    ★関連:【地震】 大阪で震度6
    http://gazou.2chblog.jp/archives/24533327.html
    【【大阪北部地震】 震源は「有馬―高槻断層帯」東端近く 過去にM7.5の「慶長伏見大地震」 気象庁会見 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/18(月) 08:02:57.42 ID:CAP_USER9
    0001_R

    地震情報
    2018年6月18日 8時01分発表
    この地震による津波の心配はありません。
    発生時刻 2018年6月18日 7時58分ごろ
    震源地 大阪府北部
    深さ 10km
    マグニチュード 5.9
    緯度/経度 北緯34.8度/東経135.6度
    最新の情報に更新
    各地の震度

    震度6弱
    【大阪府】
    大阪府北部
    震度5強
    【京都府】
    京都府南部
    震度5弱
    【滋賀県】
    滋賀県南部
    【兵庫県】
    兵庫県南東部
    【奈良県】
    奈良県
    震度4
    【福井県】
    福井県嶺南
    【岐阜県】
    岐阜県美濃中西部
    【愛知県】
    愛知県西部
    【三重県】
    三重県北部
    【滋賀県】
    滋賀県北部
    【京都府】
    京都府北部
    【大阪府】
    大阪府南部
    【兵庫県】
    兵庫県北部 兵庫県南西部 兵庫県淡路島
    震度3

    https://emergency-weather.yahoo.co.jp/m/weather/jp/earthquake/20180618075838/?1529276427 
    【【地震】 大阪で震度6 】の続きを読む
         

    スポンサーリンク

          

    人気記事ランキング

      ニュース : 画像あり。(´・ω・`) : 1/1016

      このページのトップヘ