1: 名無しさん 2018/04/08(日)20:45:14 ID:ATt
1(中)内船
2(二)富士宮
3(遊)東花輪
4(投)身延
5(一)南甲府
6(三)鰍沢口
7(左)西富士宮
8(右)下部温泉
9(捕)金手


弱い(確信)

2: 名無しさん 2018/04/08(日)20:47:28 ID:LGO
身延線なんてマニアックすぎてスレ伸びんやろ

3: 名無しさん 2018/04/08(日)21:08:41 ID:ATt
1(中)内船
UtsubunaSt

特急「ワイドビュー ふじかわ」の停車駅。「うつぶな」と読む。

近隣に温泉がある他、ハイキングなどのお陰で土日は観光需要がそれなりにあるものの、1日当たりの乗降客数は200人以下のローカル無人駅である。

「ふじかわ」が特急化する際、通過駅となる事が検討されたが、住民運動などの成果もあり特急停車駅の座を守った。

アニメ『ゆるキャン△』のEDに登場する。アニメのクレジットに撮影協力としてJR東海の名前が載っている。
かつては鉄道がメインのゲーム『電車でGO!』にすら協賛しなかったJR東海が、葛西が社長の座を退いてからは萌えアニメの作画に協力するようになった
経営者の変わる影響って凄い
ふじかわ
東海旅客鉄道(JR東海)が静岡駅 - 甲府駅間を東海道本線・身延線経由で運行している特急列車である。ワイドビュー車両を使うという意味で、市販の時刻表には「(ワイドビュー)ふじかわ」と記載されている。列車名は、身延線沿線を流れる日本三大急流の一つである富士川から採られている。

1964年3月に、それまで運転されていた快速列車を格上げして準急「富士川」として運転を開始し、富士駅 - 甲府駅間を2往復した。1964年10月には東海道新幹線開業に伴い、1往復が静岡駅まで延長された。1966年3月に静岡駅 - 甲府駅間の1往復が急行に格上げされ、もう1往復の富士駅 - 甲府駅間運転の列車は準急「白糸」へと改称したが、1968年10月に準急が全廃されることとなり、「白糸」は急行「富士川」に統合された。JRC373_Fujikawa_R
wikipedia.org

4: 名無しさん 2018/04/08(日)21:09:23 ID:frY
聞いたことない路線

8: 名無しさん 2018/04/08(日)21:14:40 ID:ATt
>>4

身延(みのぶ)線は、静岡県の富士駅と山梨県の甲府駅を結ぶ地方線で、東海道本線と中央本線のバイパス路線。

観光特急を除くJRの電車特急で最も遅い『ワイドビュー ふじかわ』が走る。

一応、関西圏の対山梨県輸送の最速ルートの一翼を担う。だからどうした

リニア新幹線のルートと交差するため接続が検討されたが、結局乗り換え駅は作られない

そんな路線
身延線(みのぶせん)
静岡県富士市の富士駅と山梨県甲府市の甲府駅を結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。駿河湾沿岸部から甲府盆地にかけて、富士山と赤石山脈(南アルプス)に挟まれた富士川の流域を走る山岳路線である。全線にわたり富士川の左岸(東側)を通り、本流を渡ることはない。北側は甲府盆地内の鰍沢口駅、南側は西富士宮駅付近まで地形が開けており、沿線人口が多い両端部での区間運転も多い。また中京地方以西と山梨県を行き来するには最も利用しやすい鉄道ルートで、静岡駅で東海道新幹線と接続する特急「ふじかわ」が運転され長距離輸送も担う。
svg
鉄道路線図 JR身延線

wikipedia.org
5: 名無しさん 2018/04/08(日)21:11:24 ID:ATt
2(二)富士宮
Fujinomiya_Station_North_Entrance_1_R

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅。

B級グルメ『富士宮やきそば』で一躍有名となった富士宮市の玄関口。

ガッツリ便乗した駅弁が売られていたりする。
Fujinomiya-yakisobabento_R
極 富士宮やきそば弁当

wikipedia.org

6: 名無しさん 2018/04/08(日)21:11:56 ID:aa8
金手が入ってくる辺りで察するわ

7: 名無しさん 2018/04/08(日)21:14:07 ID:ayL
金手って甲府の横あたりのちっこい駅やろ?あれいるんか?

9: 名無しさん 2018/04/08(日)21:15:12 ID:ATt
>>6>>7
ちゃんと解説するけど
金手はとある理由で重要な駅なんやで

10: 名無しさん 2018/04/08(日)21:19:16 ID:ATt
3(遊)東花輪
DSC_0703_R

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅。

JR東海の山梨県内の駅で最も利用者が多い(甲府はJR東日本の駅)だが、ICカードは使えない。

かつて貨物列車の発着・取り扱いがあったため、ものすごく駅構内が広い。側線が10本もある

11: 名無しさん 2018/04/08(日)21:22:48 ID:ATt
4(投)身延
MinobuSt1_R

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅で、路線の名前の由来ともなった名実ともに身延線の中心駅。

日蓮宗の総本山の最寄駅で、参拝客の利用が多い。

身延線は身延駅を境に、列車の乗客がガラリと入れ替わる。



それだけ

12: 名無しさん 2018/04/08(日)21:23:50 ID:5wu
山梨のクソ田舎やん

13: 名無しさん 2018/04/08(日)21:24:28 ID:ATt
5(一)南甲府
MinamikofuSt

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅で、身延線の車両基地の最寄駅。

甲府始発の普通列車の中には、送り込みが南甲府駅からの回送のものがある。へぇ~

14: 名無しさん 2018/04/08(日)21:24:57 ID:mx9
究極超人あ~る思い出したわ

16: 名無しさん 2018/04/08(日)21:25:26 ID:mx9
あ、あれ飯田線か
すまンゴ

15: 名無しさん 2018/04/08(日)21:25:12 ID:ayL
身延線の何が糞って半端に東海道線とつながってたりするせいで岐阜の遅延が身延線経由して中央本線まで遅らせること
終電の乗り換え殺しにかかってきやがってからに

22: 名無しさん 2018/04/08(日)21:32:30 ID:ATt
>>15
東海道新幹線が遅れる→ふじかわが遅れる→甲府で接続の中央本線の特急が遅れる

なら分かるけど、在来線の遅れも持ち込まれるんか?

24: 名無しさん 2018/04/08(日)21:35:04 ID:ayL
>>22
終電とその一本前ぐらいやと多少の無理してでも接続とるんや
接続取れんかったら立ち往生するしかあらへん人が出てまうからやろけど

18: 名無しさん 2018/04/08(日)21:27:40 ID:ATt
6(三)鰍沢口
Kajikazawaguchi_Station_20160828_R

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅で、「かじかざわぐち」と読む。

甲府からの普通列車の大半は、鰍沢口で折り返す。即ち、ギリギリ甲府までの通勤通学圏内

ワイが身延線の普通列車に乗った時、甲府で乗った制服姿のJKが富士宮まで乗り通していたが、彼女は富士宮から甲府まで毎朝通っているのだろうか?大変そう(小並感)

21: 名無しさん 2018/04/08(日)21:30:58 ID:ATt
7(左)西富士宮
NishifujinomiyaSt

富士側の普通列車の大半が折り返す駅。だが、特急『ワイドビュー ふじかわ』は停まらない。

富士宮市出身の大学の同級生は、身延線の存在は知っているけど使ったことはないと言っていた。そんな路線の普通列車の運転境界駅なんて、需要はたかが知れてるよね

23: 名無しさん 2018/04/08(日)21:34:23 ID:ATt
8(右)下部温泉
ShimobeSt

特急『ワイドビュー ふじかわ』の停車駅。

打線を組む上で9つ駅を挙げられなかったワイが「特急止まるから大きな駅やろ(適当)」とスタメンに抜てきした駅。

温泉が近くにあると思う

25: 名無しさん 2018/04/08(日)21:39:33 ID:aa8
>>23
一応駅前にそこそこ大きいホテルはあるけどその先と反対側はまあアレよ
温泉は良かったです(小並感)

26: 名無しさん 2018/04/08(日)21:40:23 ID:ATt
9(捕)金手
KanenteSt_R

甲府の隣の弱小ローカル無人駅。

「かねんて」と読む

特急『ワイドビュー ふじかわ』を筆頭に、並走する中央線の列車が全速力で通過する。

甲府駅を含めた中央本線は松本まで都市近郊区間に設定されており、例えば甲府→東京や甲府→松本の乗車券では途中下車をする事が出来ない。
ところが、甲府の隣の金手駅は1.2kmしか離れていないもののJR東海の駅。当然、JR東日本の都市近郊に該当しない。
そこで、乗車券の発着駅を甲府から金手に変える事で途中下車が可能になる

29: 名無しさん 2018/04/08(日)21:48:15 ID:aa8
>>26
所詮甲府の駒でしかないんはそれはそれで可哀想

28: 名無しさん 2018/04/08(日)21:47:56 ID:VIs
東京近郊区間はマジで広すぎる

30: 名無しさん 2018/04/08(日)22:04:10 ID:ecf
甲府駅は敢えて除いたんやな

引用元: ・JR身延線の駅で打線組んだwww