1: 名無しさん 2018/01/14(日)10:37:17 ID:sP3
宗教家ってことくらいしか知らないが、実はすごい人らしいが何した人なんだ
空海(くうかい、宝亀5年(774年) - 承和2年3月21日(835年4月22日))は、平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。俗名(幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお)。日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。

Kobo_Daishi_(Taisanji_Matsuyama)

wikipedia.org

2: 名無しさん 2018/01/14(日)10:38:01 ID:gi8
書道すげェ
風信帖(ふうしんじょう)は、空海が最澄に宛てた尺牘(せきとく)3通の総称である。国宝に指定されており、指定名称は弘法大師筆尺牘三通(風信帖)(こうぼうだいしひつ せきとく さんつう)。

1280px-Huushincho_1_R
『風信帖』(1通目) 空海筆

弘法筆を択ばず」という俗言があるが、これは、「どんな筆でも立派に書き得るだけの力量がある」という意で、学書の時、どんな悪い筆を使ってもよいという意ではない。事実、空海の真跡を見れば良筆を使っていたことは明らかであり、在唐中、製筆法も学んでいる。

wikipedia.org

3: 名無しさん 2018/01/14(日)10:39:22 ID:sP3
>>2
サンクス

4: 名無しさん 2018/01/14(日)10:39:59 ID:zzN
歩いて四国一周した

5: 名無しさん 2018/01/14(日)10:41:07 ID:sP3
>>4
それって凄いん?

6: 名無しさん 2018/01/14(日)10:42:46 ID:zzN
>>5
わかんないけど
今でも真似してやってる人がいるくらいだから凄いんちゃう?

8: 名無しさん 2018/01/14(日)10:47:25 ID:D0w
めっちゃ大変なのに体調崩しながら日本来て仏教広めたおじさん

9: 名無しさん 2018/01/14(日)10:49:48 ID:hKd
>>8
日本から中国に行って仏教学んで持ち帰ったんじゃなかったっけ
中国人なの?

17: 名無しさん 2018/01/14(日)11:14:49 ID:gi8
>>9
中国(当時は違う名前)いって
偉い坊さんに日本人ながら弟子入りして
日本に戻って頑張った人

19: 名無しさん 2018/01/14(日)11:15:51 ID:m8M
>>9
香川の善通寺出身
幼名は真魚

11: 名無しさん 2018/01/14(日)11:09:19 ID:ib5
布教以外にも農業で使うため池作ったりした

12: 名無しさん 2018/01/14(日)11:09:57 ID:zzN
誰も高野山言わへんのなー

70: 名無しさん 2018/01/14(日)14:22:32 ID:tVk
>>12
宗教家であると同時に土木技術者よな
大昔に高野山の山上を開削して聖地作るとかなかなかでけんわ

14: 名無しさん 2018/01/14(日)11:12:48 ID:1AG
法力が日本最強クラスで
ちょっと祈るだけで妖怪が爆散する

16: 名無しさん 2018/01/14(日)11:14:23 ID:m8M
香川に溜池造った

18: 名無しさん 2018/01/14(日)11:15:15 ID:gi8
>>16 有能すぎて草はえる

20: 名無しさん 2018/01/14(日)11:15:55 ID:Pvm
>>16
それは地味にすげーな(´・ω・`)。
茹で過ぎは空海から始まったのか(´・ω・`)。
香川県でうどんの話題によく挙がるのが、うどんは弘法大師が唐から伝えたという言い伝えである。「民間伝承に過ぎない」という説も確かに多くあるが、「うどん空海請来説」のなかに次のような一文がある。「うどんは、空海が唐から持ち帰った「唐菓子」が源流といわれています。「唐菓子」は、小麦粉にアンコを入れて煮たもので「混沌(こんとん)」といわれていました。それが「検飩(けんとん)」となり、煮て熱いうちに食べるものだから「温飩(おんとん)」となり、それが転じて「饂飩(うんとん)」となり現在の「うどん」になったと言われています。」(山野明男「うどん伝来の一考察」より)。しかし、これも史実としてすべての学会で公認されているとはいえず、結局、 お遍路さんなどにより大師信仰の強い香川では「何かわからないことがあるとお大師さまの仕業にして安心する」という大師信仰の所為にされている。今後の歴史研究、空海研究の実証的成果を待たねばならない。大師の説話はうどん屋の内装や公告に頻繁に取り上げられる。
wikipedia.org

21: 名無しさん 2018/01/14(日)11:16:43 ID:m8M
>>20
多分昔から水不足
満濃池がそれ

28: 名無しさん 2018/01/14(日)11:24:04 ID:gi8
>>21
なんでそんな土地でうどん文化が花開くんや…

29: 名無しさん 2018/01/14(日)11:24:37 ID:m8M
>>28
小麦生産

22: 名無しさん 2018/01/14(日)11:21:10 ID:vuy
大根川の名前の由来の
ばあちゃんに腹減って大根くれ言ってばあちゃんが断ったらブチ切れて大根川の水干上がらせた逆恨み激しい坊さん

23: 名無しさん 2018/01/14(日)11:21:53 ID:vuy
>>22
こんなんに法力つかったんやで

27: 名無しさん 2018/01/14(日)11:24:04 ID:m8M
>>23
干ばつさえ彼のせいにされるってすごい

24: 名無しさん 2018/01/14(日)11:22:56 ID:m8M
いろは歌作った

26: 名無しさん 2018/01/14(日)11:23:57 ID:92V
>>24
人麻呂ちゃんだと思ってた

30: 名無しさん 2018/01/14(日)11:26:53 ID:m8M
>>26
確定はしていない
人麻呂説もある

31: 名無しさん 2018/01/14(日)11:52:09 ID:Pvm
つか、香川人だけあって水に関わる伝承ばっかだな(´・ω・`)。
そんで不親切にした地域に天罰的に大渇水を起こしてらっしゃる(´・ω・`)。
徳島に水をたかる起源が1200年も前から続いてるのか(´・ω・`)。
うどんは恐ろしい(´・ω・`)。

32: 名無しさん 2018/01/14(日)12:07:37 ID:m8M
>>31
水系多いよね、ダウジングやってたみたいだから
温泉とかもいっぱいあるよね

33: 名無しさん 2018/01/14(日)12:10:24 ID:KQk
海割ったとかの逸話なかった?

35: 名無しさん 2018/01/14(日)12:17:16 ID:zzN
>>33
知らんけど空海がらみで湧水出てきたって話なら沢山ある
海の底から出る湧水(もちろん真水)まで見つけてるっていう

36: 名無しさん 2018/01/14(日)12:20:20 ID:8Qo
中国から仏具投げて、佐渡、能登半島、高野山に届かせる超強肩。

38: 名無しさん 2018/01/14(日)12:22:34 ID:zzN
>>36
そういやそんなんあったな
独古だか三古だかが高野山だっけか

37: 名無しさん 2018/01/14(日)12:20:58 ID:UIm
烈火の炎に出演した

39: 名無しさん 2018/01/14(日)12:23:21 ID:zkG
新興宗教の土木アドバイザー

40: 名無しさん 2018/01/14(日)12:25:19 ID:m8M
四国88フランチャイズオーナー

41: 名無しさん 2018/01/14(日)12:25:37 ID:Ud5
同時代の最澄は法華経を理解していたが、空海はまったく理解してなかった

42: 名無しさん 2018/01/14(日)12:25:47 ID:9H9
中国から経典盗んだ奴

43: 名無しさん 2018/01/14(日)12:26:48 ID:92V
最澄と弟子()を取り合ったんだっけ

45: 名無しさん 2018/01/14(日)12:30:18 ID:9H9
最澄 後に続く有名な僧を輩出?浄土宗、浄土真宗の開祖もここ出身

空海 こいつだけ有名であとはパッとしない宗派レベルだとクソ雑魚

46: 名無しさん 2018/01/14(日)12:32:24 ID:Ud5
空海は権力者に取り入る戦術に長けてただけ

48: 名無しさん 2018/01/14(日)12:36:34 ID:3QE
国費留学の最澄とは違い
自費留学の空海はバックに山岳民族がいたとかなんとか
延暦23年(804年)、正規の遣唐使の留学僧(留学期間20年の予定)として唐に渡る。入唐(にっとう)直前まで一私度僧であった空海が突然留学僧として浮上する過程は、今日なお謎を残している。伊予親王や奈良仏教界との関係を指摘するむきもあるが定説はない。

第16次(20回説では18次)遣唐使一行には、最澄や橘逸勢、後に中国で三蔵法師の称号を贈られる霊仙がいた。最澄はこの時期すでに天皇の護持僧である内供奉十禅師の一人に任命されており、当時の仏教界に確固たる地位を築いていたが、空海はまったく無名の一沙門だった。

wikipedia.org

49: 名無しさん 2018/01/14(日)12:38:32 ID:zzN
最澄 リア充
空海 厨2ボッチ

50: 名無しさん 2018/01/14(日)12:40:21 ID:3QE
山の中で虚空像菩薩だかに会って仏教に目覚めた人

51: 名無しさん 2018/01/14(日)12:41:36 ID:m8M
>>50
高知の室戸で明星(虚空像菩薩)が口に入ってきた
『三教指帰』の序文には、空海が阿波の大瀧岳(現在の太竜寺山付近)や土佐の室戸岬などで求聞持法を修ましたことが記され、とくに室戸岬の御厨人窟で修行をしているとき、口に明星(虚空蔵菩薩の化身)が飛び込んできたと記されている。このとき空海は悟りを開いたといわれ、当時の御厨人窟は海岸線が今よりも上にあり、洞窟の中で空海が目にしていたのは空と海だけであったため、空海と名乗ったと伝わっている。
wikipedia.org

52: 名無しさん 2018/01/14(日)12:41:54 ID:3QE
最澄は空海の弟子
なわりに修行に来ないから秘伝は伝えてもらえなかった

54: 名無しさん 2018/01/14(日)12:45:30 ID:m8M
空海は都の貴族でもない無名の若造なのに遣唐使に突然抜擢されるくらいには優秀

55: 名無しさん 2018/01/14(日)12:45:44 ID:3QE
密教といえば空海なんだけど
大日経は天台宗なんだよなあ
大日経も気になる気になる

56: 名無しさん 2018/01/14(日)12:48:13 ID:6qT
自分の名誉の為に入唐した似非坊主

59: 名無しさん 2018/01/14(日)12:54:12 ID:m8M
>>56
偉くならなきゃ誰も救えんって思たんやで
イロイロあったんや

57: 名無しさん 2018/01/14(日)12:49:05 ID:Ud5
空海は大日経第一、法華経第三と主張してるのが大きな誤り

58: 名無しさん 2018/01/14(日)12:50:55 ID:969
お遍路を順番逆で行くと会えるらしいから 行って聞いてこい

62: 名無しさん 2018/01/14(日)13:22:03 ID:6qT
唯識を発展させた十住心論は正しいか
『十住心論』(じゅうじゅうしんろん)、正確には『秘密曼陀羅十住心論』は、空海の代表的著述のひとつで、830年ころ、淳和天皇の勅にこたえて真言密教の体系を述べた書(天長六本宗書の一)。10巻。

人間の心を10段階に分け、それぞれに当時の代表的な思想を配置することによって体系を築いている。真言密教こそが人間の心の到達できる最高の境地であるとしている。

wikipedia.org

64: 名無しさん 2018/01/14(日)13:59:58 ID:p1O
天台宗:最澄(伝教大師)
《法華経》生物は何者であれ仏に生まれ変わることができる、そのための正しい生きかたを教えます⇒教育&指導

真言宗:空海(弘法大師)
《大日教》人間は何者であれ生き仏になることができる、そのための正しい生きかたを教えます⇒教育&指導


こんな感じだと思ったな
中世なら天台宗のほうが庶民に分かりやすいかも、現代では真言宗のほうが『思考は現実化する』な感じだから人気になるだろう

67: 名無しさん 2018/01/14(日)14:16:54 ID:p1O
ちなみに日蓮は両方(法華経・大日経)とも読んで法華経のほうが現実(当時は鎌倉時代)に則していると感じたようだ

68: 名無しさん 2018/01/14(日)14:18:08 ID:m8M
>>67
生きている間に報われない人が多かったんだろうね

71: 名無しさん 2018/01/14(日)14:23:47 ID:p1O
>>68その通りだと思います
権力や財産を一代で築くことは難しい時代ですので

69: 名無しさん 2018/01/14(日)14:18:32 ID:bJb
うどんの作り方を初めて日本に伝えた人か航海
五島が最初らしい

72: 名無しさん 2018/01/14(日)14:33:46 ID:p1O
空海は一代で権力も財産(というか寺社や信者)も作った
つまり空海は大日経の中味(生き仏になれる)を見事に体現してみせたことになる

73: 名無しさん 2018/01/14(日)14:34:23 ID:m8M
>>72
そうなんだよ

66: 名無しさん 2018/01/14(日)14:12:56 ID:sbj
まだ生きている人

引用元: ・空海ってどんなことした人?